現在のページ

  1. 大森東中学校
  2. 学校概要
  3. 校長挨拶

本文ここから

校長挨拶

更新日:2019年5月9日

「チーム東」と「めざす学校像」

大森東中学校長 冨田 好彦

 大森東中学校に着任して4年、その間、保護者、地域の皆様のご期待、ご要望に応えられるよう、教職員と共に、「チーム東」を合言葉にして、生徒の良さや可能性を伸ばすために教育活動を適切かつ効果的に実施してまいりました。そして、合言葉の「チーム東」は、大森東中学校の「東」と「太陽は東から昇る」の「東」を併せて表現された言葉であるとともに、大森東中学校と「太陽」を重ね合わせて「太陽のごとく光輝きながら昇っていく学校」をイメージした言葉でもあります。
 また、「チーム東」は、生徒、保護者、教職員、地域の皆様が思いを一つにして、一つのゴールに向かって進んでいく集団です。そして、簡単に達成できる目標に向かって進んでいく集団ではなく、高い目標に向かってチャレンジしていく集団でもあります。そのため、「チーム東」のメンバー(構成員)には、共通の目標を実現するためにお互いの能力を活かし合うとともに、お互いに支え合って一緒に課題や困難を乗り越えていくことが求められています。
 さて、学校経営計画に掲げている「めざす学校像」は、「学校生活が楽しく、明日が待ち遠しい学校」です。このような学校を実現するためには、保護者、地域の皆様に下記の3つのことをご理解いただき、ご支援、ご協力をお願いしたいと思います。
 1つ目は、「十人十色」です。人は一人ひとり個性や能力が違い、成長の仕方も違います。人は必ず成長します。しかし、時には、勉強、部活動、友人との人間関係等で悩むことがあります。そんな時、生徒は自分自身の良さや可能性を信じ、自分の夢を実現するためには家族・友人・教師・地域の方々の助けを求めます。
 2つ目は、生徒が自らの手で、「命の大切さを理解して、いじめや暴力を許さない学校」を築いていくことが大切です。そのためには、学校・家庭・地域が、生徒同士が相手の立場を理解し合い、協力し合い、競い合いながらお互いがかけがえのない存在であることを認め合う機会を設定するとともに大切にしていかなければなりません。
 3つ目は、学校・家庭・地域が連携して、教育目標である「人と街と自然を愛し、たくましく、さわやかに生きる生徒」を育成していくことが大切です。特に、地域の祭りやイベント、奉仕活動等への参加を通して、地域社会に貢献できる生徒を育成していくことが重要です。
 最後に、修学旅行で大変印象に残っているお話をご紹介いたします。それは、建仁寺の座禅体験でご講話いただきました僧侶のお話です。

人は、一旦(いったん)立ち止まり、自分自身を振り返り、考えることが大切であります。また、人は、一旦(いったん)立ち止まることによって、正しい道に進むことができます。そして、人が自分自身を振り返る時、大切にしなければならない言葉があります。その言葉の頭文字を集めて造った言葉が
」であります。

一旦(いったん)の【一】と、止まるの【止】を合わせると、【正】しいという文字になります。

【お】⇒怒るな  【い】⇒威張るな 【あ】⇒焦るな 
【く】⇒くさるな 【ま】⇒負けるな

このページのトップに戻る本文ここまで


大森東中学校

住所:〒143-0012 大田区大森東四丁目1番1号
電話:03-3762-3191
アクセス
Copyright © Omori-Higashi Junior High School. All rigths reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る