このページの先頭です
清水窪小学校
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ

サイトメニューここまで

現在のページ

  1. 清水窪小学校
  2. 学校生活
  3. 学校ブログ
  4. 令和6年度1学期

本文ここから

令和6年度1学期

更新日:2024年5月29日

5月29日(水曜) 校内研究 2学年の研究授業

5年生の理科の授業では4年生の「季節と生物」の学習を踏まえ「生命」についての基本的な概念等を柱とした内容のうちの「生命の連続性」にかかわる「植物の発芽と成長」についての学習でした。日々の学習では児童の予想や考察をまとめたワークシートを作成して良いところを共有しながら日常生活や既習事項から予想を立てる大切さや考察を書くポイントについて指導していますが本時ではSC科での学びを基に個人のワークシートを活用した授業が行われました。また6年生SC科「自然災害から身を守る!清水窪こどもプロジェクト!!」では「自然災害」をテーマにその仕組みや条件、対策について各グループでモデル実験を行い、自分たちが調べたいと思ったことの疑問の解決を図りました。実験後はグループでの話合い活動、明日のSC科見学を経て再度モデル実験をし、保護者と自然災害から身を守る方法についての話合いも計画されています。
今回は講師の先生を2名お迎えし、5か月後に迫った研究発表会に向けて校内研究により力が入ってきました。

5月28日(火曜)  4年 体育「キャッチバレーボール」

7時間扱いの学習で、本時は1時間目。まず本時のめあて「キャッチバレーボールのルールや練習の仕方を理解する」の確認、ストレッチ系の準備運動後に動きの基になる運動、壁打ちパス、ネット越し対面パスをして運動量の十分ある動きで汗をかき、“試し”のゲームをしました。ゲームの後に「ポジションが変わると動くのが難しくなる」「コートが狭いのでもっと広くしたい」等の意見が出されました。また友達の動きを見て良かったところの発表では「頭より上のボールをジャンプキャッチしていた」「サーブでネットの近くを狙っていた」「走りながらボールキャッチしていた」と周囲の友達の動きに刺激を受け、工夫してゲームを楽しもうという姿勢が見られました。

5月25日(土曜) 運動会 

天候に恵まれ、初夏のすがすがしい天候の中、運動会を開催することができました。
今年の運動会のスローガンは、「楽しんだもの勝ち!赤白ともに最後までがんばろう!」。
どの子もこれまでの練習の成果を発揮して、笑顔で楽しんで競技や演技を行っていました。
赤組530点、白組510点で、赤組が優勝しましたが、「楽しんだもの勝ち!」。笑顔で運動会を楽しんだ全員が「優勝」です。
応援してくださった保護者の皆様、地域の皆様、ありがとうございました。


開会式


開会式


開会式


開会式


1 かがやけ!ミニッキー☆ダンサーズ!!(1年)


1 かがやけ!ミニッキー☆ダンサーズ!!(1年)


2 パワフルキッズ56(2年)


2 パワフルキッズ56(2年)


3 ぐるぐるタイフーン!!(3.4年) 


3 ぐるぐるタイフーン!!(3.4年) 


4 5.6年短距離走 


4 5.6年短距離走


4 5.6年短距離走 


4 5.6年短距離走 


5 エビカニ玉入れ2024


5 エビカニ玉入れ2024


6 3.4年短距離走 


6 3.4年短距離走 


6 3.4年短距離走


7 騎馬戦2024ver(5.6年)


7 騎馬戦2024ver(5.6年)


8清水窪はダンスホール(3年)


8清水窪はダンスホール(3年)


9 清水窪!!カンフーファイターズ(4年)


9 清水窪!!カンフーファイターズ(4年)


10 1.2年かけっこ 


10 1.2年かけっこ 


10 1.2年かけっこ 


10 1.2年かけっこ 


11 Flag to the sky~きずなをつなげ~(5年)


11 Flag to the sky~きずなをつなげ~(5年)


11 Flag to the sky~きずなをつなげ~(5年)


11 Flag to the sky~きずなをつなげ~(5年)


12 証 (6年)


12 証 (6年)


12 証 (6年)


12 証 (6年)


13 低学年リレー4(1.2.3年)


13 低学年リレー4(1.2.3年)


14高学年リレー(4.5.6年)


14高学年リレー(4.5.6年)


閉会式


閉会式

5月24日(金曜) 明日の運動会に向けて 

これまでの各学年練習は、割り当てのある体育館や校庭以外に、屋上や教室でも行われていました。また授業時間以外に、朝や放課後、中休み、昼休みの時間も使って諸準備等も熱心に行われていました。6年生による係打ち合わせ・作業は22日と本日の6校時に行いました。いよいよ明日は運動会です。

5月23日(木曜) 運動会全校練習2日目

明後日の運動会に向けて全校練習が行われました。昨日に続いての練習で今日は応援、応援の歌、校歌、そして閉会式での成績発表等の練習を行いました。運動会当日は緊張感をもったこどもたちの態度とともに、その姿勢、隊形移動の仕方等にも注目していただきたいと思います。昨朝、今朝のそれぞれ10数分でしたが、児童たちはしっかりと話を聞き、歌や応援の声の出し方等、メリハリのある練習ができました。

5月22日(水曜) 5年 国語「日常を十七音」

児童たちから出された様々な季語を基に作った俳句を、さらに表現の工夫をして作品として仕上げました。まず工夫の仕方の例を示し、「言葉の順序を替えることによって視点をかえる工夫」「文字の書き表し方によって印象等をかえる工夫」「言葉を替えることによってより作者の意図に近づける工夫」の学習をしました。そして各自がタブレットに保存していた作品を見直し、工夫できるところを探して俳句を完成させました。そしてグループで交流をして友達の表現の良さを見つけ合い、ムーブノート機能を使って他班の意見交流や友達の俳句に感想を記録しました。以下、いくつかの作品を紹介します。
 登下校 桜が散って 花の道       たんぽぽが 綿毛なびかせ 舞っている  
 夏祭り 打ち上げ花火 ドンドンと    夏の空 夜空に咲いた 花火かな
 キラキラと 光を受けて 青い海     そよ風に 風鈴の音が ひびくかな 
ひがんばな ひらひらひらと 風にあり  楓の葉 落ちてもなお 美しい  ・・・
 

5月21日(火曜) 2年 図工「ひみつのたまご」

自分で作ったたまごから生まれるものやお話を思い広げながら表す学習に楽しそうに取組みました。たまごから生まれるものやお話への発想力を高めるために、アイデアスケッチを考えさせたり、友達と相談したり、目や体の形を描くなど具体的なものを描いてみました。
「4つ描いたんだ。合体させてみようかな。」「海の生き物―クジラ、ウツボ・・・そしてこれは大きな魚!」
「地図を描いて・・・地球が割れると・・・」「DNAで繋がっているところ」
「宇宙のイメージだからこの色(紺)にしたんだ。」「これだけで遊べるな。」
歌を口ずさみながら、自身の作品の解説をしながら、友達の作品に助言をしたり、感じたことなどを伝えたりしながら・・・とにぎやかな学習の時間となりましたが、活動が切り替わる説明時には、静かに姿勢を正して指導教員に注目していました。

5月20日(月曜) 4年 道徳「『正直』50円分」 

全校朝会後、1時間目に標記授業が行われました。まず、前時の「思いやり」についての学習ノートを電子黒板に映して振返り学習が行われました。思いやりとは「相手のことを考えること」「相手を楽しませること」等自分なりに捉えたことの他に、お父さんのことを思い出して書いたり、学習の初めに「思いやりということがよくわからない」と発言していた児童がかなりの文章でまとめていたものを取り上げたりしました。
そして偽りのない「正直」の反対の言葉として「うそ」という言葉と対比して考えを深めてから本題材の学習が行われました。標記の話ではおつりが多かったことから買い物をした後の兄弟の葛藤について掘り下げ、児童たちの心情を揺さぶる発問に対しても多くの発言があり、黙々とノートに考えを書いたり、近隣の児童と話し合ったりと活気のある授業となりました。

5月20日(月曜) 全校朝会「楽しんだもの勝ち!」

今日の全校朝会の話は、今年の運動会のスローガンについてです。
こどもたちが考えた今年のスローガンは、「楽しんだもの勝ち!赤白ともに最後までがんばろう!」です。
「楽しんだもの勝ち」とありますが、どうすると楽しくなるのでしょうか。うれしい時でしょうか、ウキウキするときでしょうか、面白おかしいのが楽しいと言えるのでしょうか。
相田みつをさんの「本気」という詩を紹介します。
「なんでもいいからさ 本気でやってごらん 本気でやれば たのしいから 本気でやれば つかれないから つかれてもつかれが さわやかだから」
本気でやれば楽しくなるという詩です。運動会までの1週間、本気で練習し、運動会本番も本気で最後まで頑張り、みんなが、「楽しかった」と思える運動会にしましょう。

5月18日(土曜) 親子deプレ運動会

1~3年生を対象に清水窪小学校おやじの会主催の「一足先に!親子deプレ運動会」が体育館で行われました。
綱引き・玉入れ・おんぶリレー・清水窪クイズなど、親子で楽しみました。楽しい催しをありがとうございました。

5月17日(金曜) 運動会高学年リレー朝練習(1)  読み聴かせ

今朝は高学年リレー練習が行われ、諸注意、色別のチームでのトラックランニング、バトンパスと高学年らしい主体的な練習をした後に、本番さながらにチーム対抗の試走を行いました。指導を受ける姿勢、態度からは学年・学級代表としてしっかりやるという気概が感じられました。
また今年度初めての読み聴かせ同好会による活動が朝の時間に行われました。絵本について児童たちとの遣り取りで賑やかな教室、話し手の歌の披露に柔らかな空気が漂う教室、児童全員が顔を伏せて創造力を働かせ静まり返った教室、「終わりの後には始まりがある」というやや哲学的な問いかけに張り詰めた空気の教室・・・その後、各教室では朝の会が行われましたが何時にない元気な「おはようございます」のあいさつの声が教員室まで聞こえてきました。
1年1組 「とらのこさんきょうだい かえうたかえうたこいのぼり」 「どうぞのいす」
1年2組 「うどん対ラーメン」 「まちがいまちにようこそ」
2年1組 「あげる」 「あみあみあみちゃん」 「おじさんのかさ」
2年2組 「うんどうかいがなんだ!」 「あーっとかたづけ」
3年1組 「きょうりゅうのかいかた」 「このあいだになにがあった?」
3年2組 「ちかてつライオンせん」
4年1組 「まゆとかっぱ」
4年2組 「はかせのふしぎなプール」 「お、しりませんでした」
5年1組 「ふしぎなたね」 「ツッコミ理科」
5年2組 「名探偵ホームズが生まれた月」
5年3組 「すごいね!みんなの通学路」 「綱渡りの男」
6年1組 「プーさんと出会った日」「世界でいちばんゆうめいなクマの本当にあったお話」
6年2組 「このよでいちばんはやいのは」 「もしも宇宙でくらしたら」

5月16日(木曜) 1年 生活科「そら豆の皮むき」

絵本「そらまめくんのベッド」を電子黒板で視聴後、直径60センチメートル程の大笊2つ分のそら豆が教室に運ばれ、栄養士から諸注意を受けた後グループごとにそら豆が配られました。「細長くてきゅうりみたい。」「きゅうりみたいだけど、においは違うよ。」「かわいい。」「そら豆の『帽子』がバナナみたい。」「昨日爪を切ったから剥きにくい。」「出てきた!」「温かい」「18個取れた!」「〇〇君は『ボキッ』と折ったから早くできたんだよ。」「大きさもみんな少しずつ違うし、形も違うよ。」・・・
はじめはかたい皮を「割る」のに皆苦戦していましたが、30分程で作業が終わりました。そら豆は、今日の給食の混ぜご飯「そら豆入り玉露めし」として全校に配膳されました。

5月16日(木曜) 運動会低学年リレー朝練習(1)  音楽朝会

低学年リレー朝練習が始まりました。代表になったという気持ちから早々に登校してくる児童もいました。他の児童たちが登校する中、諸注意等の話、リングバトンの受け渡し方の練習そして最後に本番さながらにチーム対抗の試走を行いました。
今日は引き続き音楽朝会があり、運動会の応援歌「ゴー・ゴー・ゴー」の練習をしました。「みんなの歌声で運動会を盛り上げてください。」と言うと「はい!」という元気な声があちらこちらから返ってきました。次回は運動会当日と同じ校庭での練習のため今日以上の歌声が響くことと思います。

5月15日(水曜) 3年「たねまき」

「身の回りにはいろいろな生き物がいる」「生き物はそれぞれ色、形、大きさなどの姿がちがう」ということから前時では、マリーゴールド、ホウセンカの種を取り上げて観察して確かめ、今日はその結果をまとめました。今後は「結果」をもとに「考察」をし、「結論」を導いていきます。
当初の予定では各自で用意した牛乳パックに種を植える活動を行う予定でしたが、前の時間が好天の下、校庭で運動会の練習を行ったため、児童たちの疲労度を考えて教室での学習となりました。尚、今週から4年生を中心に教育実習が行われていますが、本時の授業を参観しました。

5月15日(水曜) 6年 音楽「歌声をひびかせてこころをつなげよう」

4月から1年生のお世話、たてわり班活動、委員会活動、クラブ活動、25日の運動会準備等で活躍している6年生が、3月の卒業式では一人でも自信をもって歌が歌えるようにとの願いを伝え、「ペガサス」を教材として授業の前半は個人の能力を伸ばす時間とし、後半はソプラノ、アルトパートを合わせてハーモニーをつくりました。まず自分の目指すべき歌声について先週に書いたワークシートから選び、同じ目的別のグループに分かれて教え合いをしました。グループは(1)口の形に気を付ける (2)姿勢を正し視線に気を付ける (3)高音を出すために背伸びをする(4)息の吸い方に気を付ける、の4つで伴奏に合わせて部分練習を繰り返しました。後半に伴奏なしでグループ練習をしましたが、自発的に練習を繰り返し、引き続き教え合い活動も盛んに行なわれました。そして最後にワークシートに学習の振り返りを書いて次回の学習に繋ぎました。

5月14日(火曜) 6年 国語「聞いて、考えを深めよう」

本単元のめあて「清水窪魅力ポスター」を作成し、清水窪の魅力を多くの人に伝えよう~魅力を伝えるあの人にインタビュー~」を確認し、まず清水窪の魅力はどんなところにあるかを考え、グループで話し合いました。
・きれいな教室  ・充実した学校生活(行事、校外学習、PTA,わくわく、おやじの会等主催の活動)  ・落ち着いて、仲の良い学校  ・動植物、自然が豊かな自然  ・おいしい給食  ・充実したサイエンス学習  ・学年教科担任制 ・・・
以上の事柄を、画用紙にウェッビングマップとしてまとめましたが、1枚の画用紙では書ききれないグループも見られました。そして、インタビュー活動に向けて、これまでの社会科(生活科)見学、SC科見学、そしてサイエンスフェスティバルでのことを思い出し、 ◎「こうやったらうまくいった」▲「こまったこと」を発表しました。
◎シミュレーションをする 回答を想定しておく 具体的に話す 積極的に話す 相手に合った言葉遣いをする・・・
△何度も質問をする 何を聞きたいのかはっきりしない 回答してもらえない・・・  
最後に、相手がより話したくなるような質問、インタビューを考えていこうと投げかけて授業は終わりました。掲載した写真からは、児童たちの学習意欲がしっかりと伝わってくることと思います。

5月13日(月曜)4年 オンラインセーフティ教室 

自分にも起こりうる身近なトラブルについて知り、スマートフォン、携帯電話を安全に使うために必要なルールとマナーについて学びました。学習は問題提起後に自身の考えをワークシートに書き、それをもとに近隣の友達と話し合い、発表するという形で進められました。
(1)音声、文字、動画に加えて10年後くらいには、動きやにおいを共有できるようになるとの話からどのように生活が変化するか具体例を考える
(2)ネット、スマホでやってみたいことを2つ選び、その理由と具体例を考える
ネット、スマホを使う上で気を付けること4点―1歩きながら使用 2夜遅くまで使用 3イライラした気持ちで使用 4ふざけた写真等を送るーの中から自身でやってしまいそうなものを選びましたが12はほとんどの児童、34は数名ずつの挙手がありました。
(3)夜遅くまで使用しているとどのような危険があるか考える
最後にインターネットの特性―・いつでも使える・すぐに広がる・どこでも使える・誤解されやすいーに結び付く事柄を挙げ、「危険」には「大きな危険」と「小さな危険」があることを示し、困ったことがあったら周囲の人たちに相談するという言葉で締めくくられました。広い体育館では自身をしっかりと見つめ、話し合い、進んで発言する姿が多く見られました。

5月13日(月曜) サイエンス朝会「運動量保存の法則」

今年度第1回目のサイエンス朝会は「運動量保存の法則」です。
定規の間に一円玉を5個並べます。そのうちの1個を取り出し、4個並んだ一円玉に衝突させます。すると、ぶつけた反対側の1円玉が1個飛びだします。次に、2個取り出し、3個並んだ1円玉に衝突させます。すると、ぶつけた反対側の1円玉が2個飛びだします。
これは、運動慮保存の法則が関係しています。同じように、3個取り出し、2個並んだ1円玉に衝突させます。すると、ぶつけた反対側から、1円玉が3個飛びだします。4個では、どうなるでしょう。校長室前で確かめてみてください。
休み時間にはたくさんの児童が校長室前廊下に来て、試していました。市販の「ニュートンのゆりかご」も用意しました。
家庭でも手軽にできる実験です。家族で試して科学の面白さを感じてほしいです。

5月11日(土曜) わくわくスクール「野球教室」

五月晴れの下、校庭で、コミュニティースクール清水窪応援隊(地域学校協働本部)主催の「野球教室」がありました。
清水窪ヤングバッファローズの皆さんから、投げ方、取り方、打ち方を教わりました。1年生から3年生までの対象ですが、みんな、すくに上達し、最後には、簡単な試合も行えるまでになりました。
大リーグの大谷翔平選手から贈られたグローブも使って、みんなで楽しみました。
ヤングバッファローズの皆さん、ありがとうございました。
「野球しようぜ!」

5月10日(金曜) 6年 図工「こころもよう」

「気持ちや思いを色や形に表そう」というめあてで、自分で材料や道具を選び創作活動を重ねてきましたが、今日は作品シートに作品名とその解説を記し、最後にお互いの作品を鑑賞し合いました。
この学習を行うに当たって以下の2点について自身の心を見つめ、作品の創作に生かしました。
6年生になって、どんな気持ちがうかびますか
・責任感 ・不安 ・楽しみ わくわく ・たいへん ・みんなで楽しい1年 ・生活が鮮やか ・うれしい ・目線を感じる ・がんばらないと ・燃えている ・大変 ・ヒーローみたいな感じ ・こわい ・今までの目標よりもより高い目標に向かって努力しなくては ・目立つことが多いのでどきどき ・もやもや ・そわそわ ・きっちり ・ピシッ 
どんな1年間にしたいですか
・下級生の手本となるように ・尊敬されるように ・充実し、仲良く  ・泣いても笑っても楽しむ ・楽しくする いままでで1番楽しく ・次はないから幸せに ・今しかできないから! ・悔いのないように ・平和で穏やかに ・明るく充実 ・いろいろなことにチャレンジ ・全力で

5月10日(金曜) 6年 社会科「わたしたちの生活と政治」(模擬選挙)

大田区選挙管理委員会の方々を講師に迎え、選挙のしくみについて学習しました。区内には投票所が70か所あり、6年後には6年生も選挙権が与えられ、より良いまちづくりのために皆の代わりの代表者を選ぶという必要性があるという話を聞き、ビデオ解説を視聴後に投票模擬体験を行いました。体育館には清水窪町長選挙として3名の候補者のポスターが掲示され、名簿対照係、用紙交付係、投票立会人に分かれました。投票を待つ間には投票用紙のひみつや18歳未満の投票の可否等についてクイズが出されていました。そして機器を使って開票作業を行いましたが、その速さ、正確さに驚きの声でどよめいていました。児童からは「書き間違えてしまったらどうするのか」「不正があった場合は・・・」「海外での選挙の仕組みは・・・」等多くの質問が出されました。

5月9日(木曜) 5年道徳科「夢を実現するためには」(希望と勇気、努力と強い意志)

初任者研修を兼ねた授業観察がありました。教材はアメリカ大リーグで活躍中の大谷翔平選手が活用した「目標達成シート」)を取り上げ、このシートを書いた時の気持ち、心情をもとに夢を実現できた理由まで考えを深めました。そして大谷翔平選手が書いたDMMマトリックス表の核となる縦横3つずつの「目標達成シート」表を、5年生1年間の目標に絞って書きました。大谷選手のような運動技能の向上や学習、芸術面での能力の伸長の他に次のような目標をもつ児童がいました。
「みんなにやさしい人になる」「みんなをまとめられる上級生になる」「友達を全員大切にする」「困っている人がいたら助ける」「自分もみんなも楽しい学校生活が送れるようにする」
シートを1分足らずで完成させる子もいれば、なかなか鉛筆が動かない子もいましたが、終いには全員が自身に合あった目標を見つけていたようでした。本時の授業のめあては「道徳的実践意欲」を育てるということでした。それは道徳的判断力や道徳的心情を基盤とし、道徳的価値を実現しようとする意志の働きであり、この授業ですべての児童の「道徳的実践意欲」の高まりを感じました。

5月8日(水曜) 5年 家庭科「クッキングはじめの一歩」

保護者、学校支援地域本部清水窪応援隊コーディネーターの方々のご協力を得て、昨日に続いてほうれん草のお浸しづくりを行いました。作業工程の説明を真剣に聞き、2度の洗浄後、色味を見ながら丁寧に茹で、切りそろえて盛り付けまで安全面等の注意を受けながらグループでは教え合い、協力し合いして、各自用意したしょうゆや削り節を掛けていただきました。「葉っぱもそうだけど茎のところの色がすごく変わった!」「(茹でた後に)ほうれん草を絞りすぎた!」中には苦手な食材とのことでなかなか箸が進まない子も・・・こどもたちとの会話では「チキンソテーでは味噌を少し入れると旨くなるんだ。」「カレーは作ったことがあるけど、危なそうなところは手伝ってもらうの。」「卵料理なら結構作る!」「ビーフシチュー!おじいちゃんのうちに行ったときはよく料理をする!」等の話が聞け、二歩も三歩も先んじてクッキングを行っている児童がいることが分かりました。

5月7日(火曜) 4年 2年  運動会練習

朝から雨まじりの天候となりましたが、体育館で運動会に向けての表現運動練習が行われました。曲に付いていくのが難しい、分からないという子たちもいましたが練習を重ねると「できた」「わかった」という声が聞こえてきました。そして給水のための休憩時間には集まって動作の確認をする児童の姿も見られました。最後にこの学習の学年としてのめあてを考える場面では「力強く」「かっこよく」「元気に」「楽しく」「大きな動作で」「どの学年よりも1番良い演技を」等たくさんの意見が出ました。どの学年も数回ですが練習を重ねてきているので、余裕があるような雰囲気を感じました。

5月2日(木曜)  離任式

令和5年度末をもって退職、転任された先生、主事さん方の離任式を行いました。午後の式を前に児童たちの中には、朝から教室で友達と新たにメッセージカードを作ったり、「明日会えると思うと眠れなかった」と友達に話したりしている児童がいました。そして昼休みに次々と来校されたお招きした方々を見つけると、児童たちは駆け寄って握手をしたり思わず腕を組んだり、会話をしたりと再会の喜びを表していました。式では学年児童によるお別れの言葉を受けて、それぞれの方々から清水窪小学校での思い出や近況などの話をいただきました。会場では、思わずハンカチで顔を覆ったり、目を潤ませて溢れる涙を堪えたりする児童の姿が見られました。そして花のアーチを潜って退場される方々を見送った後に在校生たちが退場するときも悲しみが止まらない児童が多く見られました。

5月1日(水曜)3年 道徳「相互理解 寛容」

「日曜日の公園で」の資料を基に、(遊び等で)友達と違う意見が出たときに心がけることを考えさせ、互いに考えを伝え合い、自分と異なる意見を大切にしようとする心情を育てるという目標で授業が進められました。「ぼく」とたくや君はどのようにしたらけんかにならなかったかというこの授業の中心となる問いには、10名以上の挙手があり、対立した両者を教師と児童との役割演技で表現しました。そして自身の問題として「自分と違う意見が出たときに気を付けること」では隣席の友達との話し合い、伝え合い後、以下のような意見が出ました。
「相手をせめすぎない」「遊びのルールを決める」「譲ってもらったら次回は譲る」「相手の気持ちを考える」「優しく言う」「やらせてもらったらありがとうと言う」「相手のやりたいことと自分のやりたいことの良さをミックスする」
そして今日の道徳の授業に対する自身の評価をして授業は終わりました。

4月30日(火曜) 1,2年 はたらく消防写生会

時折、細かい雨に降られましたが、田園調布消防署、田園調布消防団から8名の署員、団員の方々にご来校いただき、標記写生会を実施しました。2年生は昨年度も行ったため「去年とは違う車にしよう。」「わたしは去年と同じ車がいい。」と言いながら描こうとする車に近づき、「ここがいい!」と意気込んで写生に向かう子もいました。
1時間程の写生の学習の時間でしたが「こどもなのに腰が痛くなっちゃった!」「車より人の方が大きくなっちゃった!」「いっぱい描けた!」「楽しかった!」―との声が聞かれました。授業終了の頃には雨粒を感じる程の降り方になりましたが署員の方の「みんなが描いた絵を見せてください。」との投げかけに応え、重い画板を掲げると、8名の署員、団員の方々から大きな拍手をいただきました。その後、写生の「仕上げ」を各教室で行いました。

4月26日(金曜) 中休み~

新年度がスタートして3週間が経とうとしています。休み時間になると多くの児童たちが校庭に出てきます。黄色い帽子の1年生が上級生と元気に走り回って遊んだり桜の木の下や鉄棒等の遊具辺りで話をしたりする姿が日々見られます。教員室脇ではヤゴやオタマジャクシを見つけて池をのぞき込む児童が後を絶ちません。脱皮したヤゴの抜け殻を「教員室前の展示ケースのところに飾ってほしい。」との声があり、書いてもらった説明書きとともに先日展示しました。
中休みが終わり、3校時が始まり4年、5年、6年は大田区学習効果測定の後半に入りました。大田区学習効果測定は児童・生徒の前年度の学習定着状況を把握するため、区立学校に通う すべての小学校4年生から中学校3年生を対象に実施しています。

4月25日(木曜) 6年 給食指導 

本日の給食献立は「黄な粉揚げパン」「コーンサラダ」「ワンタンスープ」「牛乳」でした。本校では6年生の給食指導中にテレビ番組制作のための撮影等が6年生教室等で行われました。4校時終了のチャイムが鳴りカメラを持った局員が教室前に現れると、一時多くの児童がカメラの周りに集まりましたが、配膳が始まる前には教室に戻って行きました。放送委員で給食時間の放送当番に当たっていた児童たちが「私たち、映らないね。」と言って教室を後にしましたが、放送の音声が録音されるかも知れないと言うと小走りで放送室に向かって行きました。(番組のテーマである「揚げパン」は昭和27年頃に大田区立嶺町小学校の給食担当の職員が考案したと言われています。)

4月25日(木曜) 1,2年学校探検 

1,2年生で学校探検を行いました。1年生の教室に集まって全体の説明を聞いた後に、2年生は校内地図を活用しながら1年に校内の施設や各教室を案内しました。2年生は事前学習を行いましたが、緊張しながら1年生に接しているようでした。中にはバインダーに挟んだプリント類が外れて落ちそうになると「手を繋いでいるので直せません。」と助けを求めてくる児童もいました。密にならないように時間差をつけて教室を出発したため、早く学習を終えて戻ってきたグループはもう一回学校探検をしに行ったり、2年生が本の読み聞かせをしたり、お絵かきをしたりして過ごしていました。

4月24日(水曜) たてわり班活動/読書

本日は1班から7班の児童が、今年度1回目のたてわり班活動を行いました。1年生は初めての活動のため、6年生が1年教室まで迎えに行き、1年生の歩く速さに合わせ何回も振り向きながら教室移動を行いました。各教室では顔合わせ、自己紹介、次回以降の活動計画を立てる活動をしました。活動場所を考え、やり方・ルールを確認しながら近隣席の児童と話し合いをしたり、6年生が下級生の席に歩み寄って話や意見を聞いたり教えたりしていました。
活動後も6年生が1年生を教室まで誘導していましたが、教室に着くとお互いに笑顔で「バイバイ」と言って手を振る様子が見られました。明日は8班から13班がたてわり班活動を行います。

4月23日(火曜) 6年社会科「わたしたちの生活と政治」理科「物の燃え方と空気」

6年生は社会と理科を学級担任が交換授業をする準教科担任制を実施しています。1組では2組担任が社会科「わたしたちの生活と政治」を教えていました。「日本国憲法が私たちの生活とどのように関わっているか」という問題に対して班ごとに樹形図に表して話し合いを深め、各自ノートにまとめをしました。
「戦争をしないことで平和が守られている」「戦争に行かずに済み、幸せに暮らせる。」
「いろいろな自由なことができる」「授業を受け、健康に暮らせる」・・・
中には、自身の海外生活を振返ったり、新聞やテレビで報道されている事柄を想起したりして振返る児童もいました。
一方、理科室では1組担任が2組児童に対して理科「物の燃え方と空気」を行っていました。「空気の中に燃焼に関係している気体は何か」という問題に対して予想を立てました。
「ちっ素で消す消防車があるから・・・」「人間が吐いた息で火が大きくなる時があるから・・・」「人間が吐いた空気はどこかで何かに使われているはずだから・・・」そして水上置換による実験の仕方を示して、次時の実験につなげていました。

4月22日(月曜) 1年 歩行訓練

朝からの雨であいにくの天候のため、教室での指導となりました。「たった1つの命を守ったり、けがなどをしたりしないための勉強をしましょう。」と大田区交通安全指導員、田園調布警察署交通課職員による授業が始まりました。まず児童の交通事故で1番多い「飛び出し」について学習しました。校門を出て道路に出るときだけではなく、家や店、公園などから出るときも十分気を付けること、そして路側帯のある道路、ない道路の歩き方、信号機の見方について学び、横断歩道の渡り方について手を挙げる意味について学んだあとに横断歩道を渡る前の安全確認し方を指導員に合わせて一緒に行いました。そして署員から1回で「合格」をもらうと皆嬉しそうにして表情が緩みました。最後にDVDで学習のおさらいをしましたが、全体を通して児童たちは折々の返事もはっきりとして立派な学習態度でした。(冒頭、指導員のあいさつの「入学おめでとうございました。」に対しても「ありがとうございます。」と返していました)

4月22日(月曜) 全校朝会(清水窪小学校の教育目標)

今日の全校朝会の話は、清水窪小学校の教育目標についてです。3つの目標について、清水窪小学校の子どもたちに期待することについて話しました。
〇自然や友達を大切にする子ども
 生き物を大切にする、自然の不思議を探ろうとする、自然にやさしい生活をする(自然環境を守る)
 友達に親切にする、友達と仲良く過ごす、友達のよいところを見つける
〇心身ともにたくましい子ども
 あきらめない心、自分を信じる心、我慢する心
 運動して体力をつける、規則正しい生活をする、健康に気をつける
〇よく考え、最後までやりぬく子ども
 自分の考えをもつ・考えを書く・話す・聞く、他にもないか考える
 集中して取り組む、最後まで丁寧に取り組む

目標を達成するために、何をするのか考えること、そして、目標に向かって努力することが大切です。
清水窪の子がめざす教育目標に向かって頑張りましょう。

4月20日(土曜) 1年生親子レクリエーション

PTA役員主催サポセンイベントチームによる標記「親子で楽しめるミニゲーム大会」が行われました。開会の言葉の後には、早々に準備されていた綱引きが行われました。〇×ゲーム、しっぽ取りゲーム、じゃんけん列車・・・保護者、PTAの方々と一緒に「お兄さん」「お姉さん」もお手伝いをしたり、参加したりと“計画的”“組織的“に進行していました。
〇×ゲームは清水窪小学校に関する問題が出題されましたが「ゾウさん博士・・・どうしてぞうさんなの?」という声や「校長先生の名前はーーー」の反応では進行役の方を悩ませていました。そしてリクエストに応えて最後にもう1度綱引きを行い、白チーム、緑チーム共1勝1敗で仲良く引き分けました。会場は明るく笑顔があふれ、楽しい時間を共有できました。

4月19日(金曜)  2年SC科「オリエンテーション」 

まず1年生の時のSC科の学習について振り返りをしました。「ぞうさん博士になろう」の他、花、葉、野菜を使っての色水作り、「風であそぼう」「レゴであそぼう」―中には生活科で学習した「紙飛行機」を挙げた児童がいましたが、SC科は他のいろいろな勉強とつながっているとの話がありました。そして2年生での学習の流れの説明後、学習したいことを聞くと
「やっぱり『キリン博士になろう』をやりたい。」
「1年でやったレゴの続きをやりたい。」
「(サイエンスフェスティバルでほかの学年がやっていた)動画づくりをしたい。」
「SDGsに関心があるからやりたい。」
そして2年生から始まるSC科日記で調べてみたいことに対しては、
「どうしてお月さんにウサギが見えるのか知りたい。」
「晴れや雨、曇りとあるけどどうしてか知りたい」
「ピアノを弾くときに掌の中に卵を入れるようにと言われるけどどうしてか知りたい。」
等の発言がありました
来週からはいよいよSC科の授業「ゆらゆらやじろべえ」が始まります。

4月18日(木曜) 4年 

2校時、4年2組理科「あたたかくなると」では1校時の授業を踏まえて校庭で観察学習を行いました。
「そうだ、温度計は風通しの良い所だけでなく、1.2~1.5mの高さで測るんだった。」
「おたまじゃくしの目は黒くて目立たないなあ。」「水槽に入れて横から見ると足があるのがわかった。」「かわいいね。教室で飼いたい!」
「何とかのエンドウという名前だったと思う。もう種も付けてる。後で調べよう。」
「これはツツジの仲間だと思うけど・・坂門の手前の植込みにもいろいろなツツジがある!」
「これはタチツボスミレ。2年生の生活科の時に教わったんだ。」
「紙を敷いてカエデの葉っぱの上から鉛筆で擦り付けると・・・ほら!葉っぱの緑の色が!」
オタマジャクシは、他学年他学級のことも考えた上で教室で飼うことになりました。
3校時、4年1組社会科「わたしたちの東京都」
「東京都の交通はどのような特徴があるのか」の導入として東京(大田区)に住んでいる児童たちが出かけたことのある場所とともに、利用した交通機関を発表しました。電車、バス、自動車、船、飛行機、新幹線―そして教科書の地図を見ながら東京都の道路や鉄道の広がりについてその特徴を見つけました。
「中央区や千代田区近くから各方面へ高速道路や電車が伸びている。」
「東の人口が多い所に“交通”が集まっている。」
「交通は東西南北、全国に広がり、(東京都だけ等)区切られていることはない。」
「空港や港が東京湾の埋め立て地にある。」
学習の振り返りでは次の3つの中からいくつか選んでノートにまとめました。

  • 学んだことを他で学んだこと等と結びつける
  • 友達の意見から考える
  • 次に調べたいこと、知りたいことを理由を付けて考える

4月17日(水曜) 3年社会科「地図帳を使ってみよう」

社会科を初めて学習するにあたり、大切にしてほしい3つの視点についての話がありました。(1)いつ(時期や移り変わり)(2)どこ(場所や広がり)(3)どのように(工夫やかかわり)―この中で今日は(2)「どこ」に注目して世界地図、日本地図を使ってクイズ形式で学習が進められました。
「日本はどこにあるでしょう。」「『日本』の近くには富士山やお寿司の絵が描いてあるね。」
「中国はどこにあるでしょう。」「パンダの絵がついてる」
「イタリアはどこにあるでしょう。」「長靴の形をしているでしょ。」
「国語科『スーホの白い馬』の舞台となった国は?」
「〇〇君が2年間住んでいた国はどこでしょう」「タイだ!」「バンコクというところの正式な名前はとーっても長いんだ。」
そして地図では「上」が「北」の方角になると学習し「『スーホ』のモンゴルは中国の北にあります。」等と説明ができるようになってきました。

4月16日(火曜) 5年

1校時、5年3組理科「天気の変化」では前半に教室、後半は屋上で学習を行いました。児童たちは雲が細かい水の粒でできていること、雲には種類があり、中には雨を降らせる雲もある等の知識を発表していましたが、学習を通して天気予報の見方が学べ、将来の職業で役立ち、命を守ることにもつながるとの話を受けて屋上で観天望気をしながら、空を見上げて様々な気付きを各自ノートにまとめ、教え合い活動後に発表をしました。「雲が北の方に動いているから・・・南風だ。」「雲には白、灰色、真っ白といろいろある・・・光の当たり方の違いかな。」「太陽の近くに雲が集まっているよう・・・西の方の雲はほとんど動いていないみたい・・・」その後、今日は2回目、3回目の観察を重ねていました。
同じ時間に5年1組では外国語学習で今年度新規に配属されたALTと講師で「Hello!自己紹介」の学習後、ネーム札を作り次回の学習に備えていました。
3校時、5年2組社会「世界の中の国土」では地図帳と地球儀を使って世界の主な国々と日本の位置等について確認し、世界の中の日本について学習問題を作り、学びを深めます。

4月15日(月曜) 避難訓練

給食室から出火という想定で標記訓練を行いました。非常放送からの情報を基に学級担任等が先導して予め決めている学年学級ごとの避難経路で校庭へ避難しました。全児童、教職員の安全が確認できるまで4分51秒―1年生は校庭脇に整列して訓練の様子を見学しました。講話では、出火場所、避難経路、避難の方法の確認をしてから避難時の合言葉「お・か・し・も・ち」についての話をしました。「おさない・かけない・しゃべらない・もどらない・ちかづかない」講話の中で1年生に対して数回確認の言葉を投げかけると「はい」という返事がはっきりと聞こえてきました。全体を通して10分程で終了しましたが、各学級で避難訓練の振り返りを行いました。

4月15日(月曜) 全校朝会「生きていくために必要なもの」

今日の全校朝会の話は、「生きていくために必要なもの」についてです。
動物が生きていくためには何が必要でしょうか。
どんな動物でも、生きていくためには、「空気」と「水」と「食べ物」が必要です。
しかし、アメリカの動物学者 スワンソン博士は、人間は、他の動物とちがって、もう一つ、どうしても、「これ」がなくては生きていけないというのです。それは、「コミュニケーション」です。
人間は、弱い動物です。ライオンのように、するどい牙をもち、速く走ることもできません。しかし、人間は、「ことば」をとおして、コミュニケーションができる動物だからこそ、生き延びてきているのです。
コミュニケーションの基本は、まず、あいさつ、へんじ、やさしい言葉遣いです。
サイエンス・コミュニケーション科のある清水窪小学校のこどもは、サイエンスへの興味だけでなく。豊かなコミュニケーション能力も身につけていきましょう。

4月12日(金曜) 入学おめでとう集会

昨年度の計画委員会が中心となって標記の会を進めました。合言葉は「~1年生のためにがんばろう!~」昨日も中休みに委員が集まってリハーサルを行っていました。花飾りのアーチをくぐって1年生が入場し、代表児童、1年生全員による挨拶のあとにグループ作りゲーム「猛獣狩りに行こうよ!」を行いました。最後は17名ものグループを作ることになり、声を掛け合ったり呼びに行ったりと児童たちは活発に行動し、楽しんでいました。この集会をもって1年生たちは晴れて校庭遊びができるようになり、中休みには黄色い帽子を被った子たちが担任や上級生と追いかけっこをしたり鉄棒、登り棒等の固定遊具で遊んだりしていましたが、1番人気は「アマゾンジャングル」でした。

4月11日(木曜) 給食指導

給食は9日(火曜)から開始しましたが、1年生は昨日が初めての給食となりました。献立の1つ照焼風チキンバーガーでは1年生のみバンズにチキンとボイルキャベツが挟まれ、バーガー袋に包まれた状態(他学年は袋なし)で提供されました。児童たちはバーガー袋に顔を埋めるようにして「チョーおいしい。」「ウマっ!」「良い味です。」「○○まだメッチャ残ってた!」と様々な声が聞かれました。4月の学校給食目標は「楽しい給食にしましょう」です。準備・片づけ方を覚え、協力して手際よく配膳、下膳を行うように指導します。

4月10日(水曜) 安全指導 

春の交通安全運動が実施されていますが、今朝は校長、交通指導員のほか、地域特別出張所長、自治会長、本校見守り隊の方々も校門付近や近隣交差点に立ち、児童の見守り、登校指導を大勢で行うことがでました。小学生児童の死者・重傷者の「通行目的」では登下校が全体の約4割を占めているといいます。こどもたちが安全に通行できる道路交通環境、道路の安全な横断を見守りたいと思います。一方、各学級では安全指導として通学路の確認、正しい歩き方、安全な登下校の方法について学習しました。   
 

4月9日(火曜) 1年生を中心に・・・

「学校に来るまでに傘3回壊れちゃった。」「水たまりに何回も入ったけど、この靴は大丈夫だったんだ。」登校時間はやや風雨が強く湿気の多い1日となりました。玄関靴箱前や教室では今日も6年生が1年生のお世話をしっかりと行いました。傘を紐で止めたり、合羽を脱がせたり、しまったり、教室まで連れて行ったり・・・教室ではバッジ付けの補助、机内の整頓、ロッカーへのランドセル収納・・・等々、朝の「学級の時間」に間に合うように1年生たちも緊張の面持ちで頑張り、最後は「お手伝い」の6年生に1年生全員でお礼の言葉を伝えていました。また、静かに読書をしている1年生の学級に入ると担任に促されて挨拶の言葉が次々に届きました。中休みも雨降りで内遊びでしたが、1年生の教室を覘きに来る他学年児童たちの姿が目立ちました。

4月8日(月曜)  着任式 始業式 入学式

着任式では5名の教職員の紹介があり、一人一人の挨拶では「話の聞き方が上手」「挨拶がしっかりとできる」等、驚きや感心する気持ちを表した言葉がありました。続く始業式、入学式では6年生児童代表の言葉があり、これまで身に着けてきた「力」を発揮し、最高学年として下級生に示す姿勢を明確に表わしていました。また6年生は入学式受付の補助や体育館で式を待つ1年生のお世話や、緊張を解すフレンドリーな様々なふれ合いがあり、1年生の表情が緩み、大きな声で笑ったり、楽しそうな会話が聞こえてきたりしました。校長と「毎日元気に学校に通いましょう。」「友達と仲良く過ごしましょう。」「先生のお話をよく聞いてしっかり勉強しましょう。」という3つの約束を講話の最後に再度復唱するときの1年生の瞳は、いきいきとして輝いていました。式後の2年生アトラクションは先週の練習成果が十分に表れ自信に満ちた発表となりました。

4月5日(金曜) 6年 入学式等諸準備 2年入学式アトラクション練習

入学式諸準備に先立つ各教室の物品移動では、「机3個を2階から3階に運んだんだ。重かったー。」「今度はこの椅子?わっ軽い!」などの声が聞こえてきました。1年生の教室では昨年度の記録写真を見て説明を受けると「アアー」という声が漏れ、作業分担もよく理解し、てきぱきと行動していました。
作業が進む中、2年生が標記練習のために登校してきました。家庭科室で「流れ」を確認し体育館では呼びかけ時に注意する「イチ、ニ」の間隔を頷くように首を縦に振って真剣に取り組み、3学期に練習したとおりに合奏も上手にできました。

このページのトップに戻る本文ここまで

以下フッターです。

清水窪小学校

住所:〒145-0062 大田区北千束一丁目20番15号
電話:03-3718-3536
アクセス
Copyright © Shimizukubo Elementary School. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る