このページの先頭です
矢口小学校
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ

サイトメニューここまで

現在のページ

  1. 矢口小学校
  2. 学校概要
  3. 教育方針

本文ここから

教育方針

更新日:2018年11月8日

目標を達成するための基本方針

人権尊重の精神と社会貢献の精神に基付き、児童一人一人に「確かな学力」、「豊かな心」、「健やかな体」を培うことを通して「生きる力」を育成し、教育目標の具体的な推進を図っていく。また、大田区の施策を受け、「学力向上」、「人間力の育成」、「一人ひとりに向き合う教育」等を柱とし、地域とともに歩む学校づくりを行い、信頼される「我が町の学校」となることを目指す。

「学力向上」…基礎基本の確実な定着により「確かな学力」を培い、「意欲を持って」自ら学び、考え、行動する人」を育てる。
〇小学校の学習を生涯学習の基礎作りと位置付け、基礎的・基本的な学習内容の徹底を図り定着させる。
〇算数科において習熟度別学習を徹底し、基礎・基本を定着させる。
〇学年内の協力体制による授業を実施し、教師の専門性を活かした質の高い授業を実施する。
〇朝のドリルタイムを指導計画の基に指導し、計算領域の力や漢字の力を培う。特に、計算タイムに大田区のステップアップ学習を活用する。
〇毎日の家庭学習を学年×10分実施させ、家庭での学習習慣を形成させる。

「人間力の育成」…「豊かな心」と「健やかな体」を育み、「思いやりと規範意識を持ち、社会の一員としての役割を果たす人」を育てる。
〇「豊かな心」→思いやりと規範意識を育てる取り組みを柱として、社会の一員として役割を果たすことができる信条や態度の育成を柱とする。
〇生活科及び総合的な学習の時間に、ものづくりや新しくできた広い田んぼや畑に関することを位置付け、各学年の発達段階を活かして取り組み、体験を通して豊かな心情を培う
〇道徳教育を充実させ、生命尊重、人権尊重や社会貢献の精神の理解を深め、道徳的実践力を高める。
〇授業規律、学校の決まりを浸透させ、規範意識を育てる。
〇「異年齢の活動」を月に一度位置付け、ふれあいを通して思いやり助け合う心情や態度を培う。
〇サマ-ワ-クショップの各種の講座から自分で選び、 満足感や充実感を得る体験から幅広い興味や関心を高めさせる。
〇「健やかな体」→「早寝・早起き・朝ごはん」の生活リズム形成や運動量のある体育の授業、外遊びの奨励を柱とする。
〇時程に歯みがきタイムを位置付け、基本的な生活習慣の定着を図る。
〇5月と10月を重点月間とし、「早寝・早起き・朝ごはん」、歯みがき等の基本的な生活習慣を形成し、生涯を通した心と体の健康づくりの基礎を培う。
〇体育科や保健指導を通し、自分の体は自分自身で守っていく習慣を身に付けさせる。
〇体育科において運動量を確保した授業を展開し、体を動かす楽しさを通して体力作りを推進する。
〇時程に午前に20分休み、昼に20分休みを位置付け、十分な時間を確保した外遊びを通して、体力作りを行う。

「一人一人に向き合う教育」…生活指導・特別支援教育を柱として、個を生かし、「自らの可能性を伸ばし、未来を開き地域を支える人」を育てる。
〇常に学校全体で児童の様子を丁寧に見取り、生活指導としてメンタルチェックを定期的に行う。6月、11月を「子どもの心サポ-ト月間」として重点的に行う。
〇特別支援教育を推進し、個に応じた指導計画等を充実させ、スク-ルカウンセラ-や関係諸機関と連携していく。
〇校内で児童に関する細かい情報を共有し、学校全体で温かく見守っていく体制づくりを行う。
〇児童に5分前行動を身に付けさせることによって自主性を育てる。

 学校公開、地域教育連絡協議会等で常に学校の様子を公開し、アンケ-トや学校評価等で寄せられた声を改善に活かしながら、地域に根ざした信頼される「我が町の学校」を創り上げる。

(3)本校の教育の特色
基礎・基本の定着
〇算数科において習熟度別学習の徹底を図り、基礎・基本を定着させる。じっくりコ-スの人数を絞り、指導者も増やして定着を図る。
〇朝のドリルタイムで、計算領域の力や漢字の力を培う。特に計算タイムで「大田区のステップアップ学習」を活用する。
〇教師の専門性を活かし、複数の目で児童を見取る体制を築き学年の安定化を図る。
〇学期毎に漢字・計算等の到達度を出し、結果と次の学期の対応策立てる。

異年齢のふれあい
〇「異年齢の活動」を月に一度位置付け、遊びや清掃活動、ふれあい給食等を通して思いやり助け合う心情や態度を培う。

体験重視
〇文化フェスタを毎年開催し、「人・もの・ことにかかわる」活動を工夫し、学習の成果を発表する。
〇生活科及び総合的な学習の時間にものづくりや新しくできた田んぼや畑に関することを位置付け、各学年の発達段階を活かして取り組み、体験を通して豊かな心情を培う。
〇学校支援地域本部のコディネ-タ-を中心に広く地域からボランティアやゲストィ-チャ-を迎え、ものづくりや栽培、読み聞かせや施設の整備を充実させる。

生活指導の充実
〇「矢口スタンダ-ド」を徹底させ、清々しく学習できる環境整備を図る。
〇挨拶運動を継続させ、校内で挨拶の声が響く学校にする。
〇「子どもの心サポ-ト月間」に行うメンタルヘルスチェックを活用し、いじめ等の撲滅を図る。

このページのトップに戻る本文ここまで


以下フッターです。

矢口小学校

住所:〒146-0095 大田区多摩川一丁目18番22号
電話:03-3759-9618
アクセス
Copyright © Yaguchi Elementary School. All rigths reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る