このページの先頭です
入新井第一小学校
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ

サイトメニューここまで

現在のページ

  1. 入新井第一小学校
  2. 学校生活
  3. 「いりいち日記!(給食編)」

本文ここから

「いりいち日記!(給食編)」

更新日:2024年2月22日

献立表

食材の種類や産地、栄養バランスが考えられた給食の献立です。
毎月の献立をご覧になれます。


2月22日

【今日の給食】牛乳 チャプチェパブ パリパリサラダ チゲスープ
チャプチェは野菜や肉、春雨などを甘辛く炒めた料理です。韓国では家庭料理の代表といわれるほど親しまれており、おめでたい席で出される料理でもあります。韓国で使われる春雨は「タンミョン」と呼ばれ、日本の春雨よりも太くもちもちとしています。
また、今日はリクエスト給食第2弾。今回は「パリパリサラダ」です。6クラスからリクエスト希望にあがりました。


2月21日

【今日の給食】牛乳 海鮮あんかけ焼きそば カルシウムチリビーンズ 果物
今日の給食では果物にいちごを出しました。
現在、日本で栽培されているいちごは300種類以上あると言われています。
有名な品種といえば、栃木県のとちおとめ、福岡県のあまおう、静岡県の紅ほっぺなどがあげられます。
今日のいちごは栃木県の「とちあいか」という品種です。


2月20日

【今日の給食】牛乳 かやくごはん いかのかりんと揚げ みそ汁
2月、3月にかけて順番に児童がリクエストした給食を作ります。第1弾は「いかのかりんと揚げ」です。
2学級からリクエスト希望にあがりました。しょうが醤油で下味をつけたいかにでん粉をまぶしてカラッと揚げた料理です。
ぜひ味わってみてください。


2月19日

【今日の給食】牛乳 キムタクご飯 はるさめサラダ うすくず汁
今月の郷土料理は長野県です。キムタクごはんは長野県塩尻市で考案された給食メニューです。
長野県には野沢菜漬けをはじめとして漬物文化が発達している地域ですが、子どもたちの漬物離れが進んでいました。
そこで、子どもたちにもっと漬物に親しんでもらおうと作られたのがキムタクごはんです。
キムタクはキムチとたくあんの頭二文字を合わせた言葉です。


2月16日

【今日の給食】牛乳 ミルクパン チーズ入りオムレツ こふき芋 ジュリエンヌスープ
今日の給食のメインはオムレツです。オムレツはフランス発祥の料理で、フランスで食べられているオムレツはいわゆる”プレーンオムレツ”と呼ばれる卵だけで作ったオムレツになります。そこから世界中に広まり、その国の食文化と合わさって様々な形が作られるようになりました。日本の家庭で食べられるオムレツはひき肉と玉ねぎを炒めた具を卵で包んだものが多いです。


2月15日

【今日の給食】牛乳 ごはん 炒り豆腐 だいこんサラダ
炒り豆腐の料理名にも入っている「炒る」という言葉は料理において「火にかけて水気がなくなるまで煮詰める」ことや「乾燥したものを焦げるほど熱する」ことをさします。今日の炒り豆腐も炒ることで水分を飛ばし、香ばしさや食感をプラスしています。
炒る時には火加減と小刻みな動きによって焦がさないように注意することがポイントです。


2月14日

【今日の給食】牛乳 コスタリカライス カントリーサラダ コーンと野菜のサラダ
コスタリカは南北アメリカを結ぶ中央エリアに位置する国です。コスタリカの料理にはさまざまな豆やスパイスを使った料理やトマトを使った煮込み料理が数多くあります。今日登場するコスタリカライスはそんなコスタリカの料理をイメージして作られた給食メニューです。


2月13日

【今日の給食】牛乳 こぎつねごはん 魚の利休焼き みそ汁
2月12日は初午でした。初午とは2月最初の午の日のことです。この日は全国の稲荷神社で豊作や商売繁盛、家内安全を祈願してお祭りが執り行われます。稲荷神社では神様の遣いとして祀られている狐の好物が油揚げであることから、いなり寿司や繭玉に見立てた初午団子を食べる風習があります。今日のこぎつねごはんは狐が好きな油揚げが入った炊き込みご飯です。


2月9日

【今日の給食】牛乳 ヨーグルトトースト キャベツサラダ チリコンカン
チリコンカンはアメリカ料理の1つです。この料理は冷蔵庫がまだ普及していなかった時代に、お肉をハーブや香辛料とともに煮込んだことで誕生したといわれています。今日のチリコンカンには大豆や肉、野菜などの具材がたくさん使われています。


2月8日

【今日の給食】牛乳 ごはん 芋と魚の甘酢あん かきたま汁
今日の主菜にはメカジキを使っています。カジキといえば一般的には「マカジキ」を指します。
メカジキはマカジキと比べて、目が大きく、体つきが小ぶりです。関東ではマカジキを「男カジキ」と呼ぶこともあり、そこからマカジキと対比して「女カジキ」と呼ぶようになったといわれています。


2月7日

【今日の給食】牛乳 中華丼 マロニースープ ミルクプリン
中華丼はごはんの上に八宝菜を盛り付けた料理で、実は日本で生まれた料理と言われています。
お客さんからのリクエストとも、まかない料理として作られたとも言われ、その始まりははっきりとは分かっていません。
しかし、昭和初期には「中華丼」という言葉が書籍に記述されるなど浸透していることを窺い知ることができます。


2月6日

【今日の給食】牛乳 ごはん 焼きのり 魚の照り焼き おひたし みそ汁
今日、2月6日は「海苔の日」です。大田区では毎年大森の海苔文化を知ってもらうために、海苔の日給食を行っています。
かつて大森では海苔の養殖が盛んにおこなわれていました。今では養殖は行っていませんが、全国の海苔を集めて販売する海苔問屋が多く残っています。

〈本日の給食について〉

本日雪の影響により、牛乳の配送が間に合わず、給食にて牛乳の提供ができませんでした。

通常の給食提供がかなわず、申し訳ございませんでした。明日以降の給食については、通常の提供に戻ります。

御理解と御協力のほどよろしくお願いいたします。


2月5日

【今日の給食】牛乳 カレーピラフのホワイトソースかけ ハニーサラダ 果物
今日の給食ではサラダのドレッシングにハチミツを使っています。
ハチミツは人類が手にした最古の甘みを加えるための調味料です。神話や古代文明の壁画にも登場し、古代エジプトの遺跡からは約3000年以上前の古いハチミツが発見されました。ハチミツは薬としても重宝され、体力回復や保湿、食欲不振の改善にも役立つとされています。


2月2日

【今日の給食】牛乳 きんぴらごはん いわしのつみれ汁 きなこ豆
明日は節分です。今日の給食では節分にちなんで大豆やいわしを使った料理を作りました。
節分の日には豆まきの他に、恵方巻きを食べたり柊鰯を飾ったりする風習があります。
今年の恵方は「東北東」だそうです。


2月1日

【今日の給食】牛乳 肉野菜うどん 青のりポテト 果物
今日から2月が始まります。2月の給食目標は「好き嫌いなく食べよう」です。給食にはたくさんの食材が出てきますが、それに対する反応は児童によって様々です。たくさんの栄養が含まれているからこそ、いろんな食材を食べてほしいです。給食で使われる食材の中には普段の食事で出てこない食材もあると思います。給食で食べる機会を食体験として、苦手な食材でも一口は食べてみようと挑戦してみてほしいなと思います。


1月31日

【今日の給食】牛乳 パエリア キッシュ風たまご焼き マカロニスープ
パエリアはスペインのアンドレア地方発祥の米料理です。9世紀頃にアラブ人によってスペインのバレンシア地方に稲作が伝わったことが始まりとされています。パエリアは野菜や魚介類、肉といった具材をふんだんに入れて、お米と合わせて炊き上げます。スペインでは両側に取っ手がついた底の浅いパエリア専用の鍋で炊き上げます。


1月30日

【今日の給食】牛乳 ごはん 親子煮 ツナ酢和え
東京都の多くの学校が給食室を持ち、作りたての温かいもの、出来立てのおいしいものをすぐに児童が食べられるようになっています。今日の鶏肉と卵で作った親子煮もまさに出来立てを児童のもとに届けています。一から取っただしが生かされた親子煮は、そのうま味で、薄味でもしっかりとした味わいになっています。昨今では給食でも減塩が注目されています。時代ごとのニーズに応じ、児童の健康と成長を支える給食に注目した全国学校給食週間も今日で最終日になります。


1月29日

【今日の給食】牛乳 ごはん くじらの竜田揚げ ごま和え みそ汁
今日の給食ではくじらを使って竜田揚げを作りました。くじらは60年ほど前の給食では定番の食材でした。
クジラはヒゲクジラとハクジラという2つの種類に分けられます。今日の給食ではヒゲクジラの仲間を使いました。
ヒゲクジラの特徴はヒゲを持つことです。ヒゲは海中にある餌だけをうまく食べるときに使います。


1月26日

【今日の給食】牛乳 揚げパン カレーシチュー ビーンズサラダ
今日の給食のテーマは「大田区発祥の給食」です。学校給食でパンが出るようになったのは昭和25年頃のことです。戦後の子どもたちの栄養不足を心配して、アメリカから小麦粉が送られたことが始まりです。給食で、調理したパンが出るようになったのは昭和40年頃と言われています。中でも、給食で人気の揚げパンは大田区の嶺町小学校の調理員さんが考案した大田区発祥の給食メニューになります。今日の給食では、最初に作られたシュガー揚げパンを作りました。ここから時代ともに進化してきなこ揚げパンやココア揚げパン、抹茶揚げパンなど様々なフレーバーの揚げパンが作られるようになりました。


1月25日

【今日の給食】牛乳 ミートソーススパゲッティー 野菜サラダ
今日の給食のテーマは「なつかし給食(1)」です。今から約80年前、戦後の日本は食糧不足でアメリカから小麦を輸入していました。当時の給食の主食はコッペパンのみという状況で、メニューの種類を増やすために開発されたのがソフトめんでした。今日の給食では、ソフトめんを使っていませんが、その当時ソフトめんのメニューの中でも人気だったミートソーススパゲッティーを作りました。


1月24日

【今日の給食】牛乳 ごはん 焼き魚 おひたし 具だくさんみそ汁
 1月24日から1月30日までは全国学校給食週間です。これは給食についてより深く学んでもらうための取組みです。
本校でも様々なテーマをもとに給食を作りたいと思います。
 今日のテーマは「はじまりの給食」です。日本の学校給食は明治22年に山形県の私立忠愛小学校が発祥とされています。
当時の給食を再現した給食を作りました。


1月23日

【今日の給食】牛乳 豆ときのこのドリア 野菜スープ
ドリアは日本生まれの洋食の1つです。横浜にある老舗ホテルのシェフが考えた料理で、ドリアという名前はイタリアの貴族 アンドレア・ドーリア提督が由来だと言われています。今日の給食では豆やきのこがふんだんに入ったドリアを作りました。


1月22日

【今日の給食】牛乳 魚の蒲焼丼 昆布和え すまし汁
今日の給食では鯵を使って魚の蒲焼丼を作りました。蒲焼はうなぎで作られることの多い料理ですが、その魚の開き方によって江戸前風(関東風)と関西風に分けられます。江戸幕府の中心地であった関東では、お腹を切ることで「切腹」を連想することから、それを避けるために背開きが主流となり、一方関西は商人の町であったため「腹を割って話す」という考え方が好まれ、その験を担いで腹開きが主流となりました。


1月19日

【今日の給食】牛乳 ごはん タレカツ ごま酢和え けんちょん汁
今月の郷土料理は新潟県です。給食ではタレカツとけんちょん汁を作りました。
タレカツは揚げたカツを甘辛い醤油ダレにくぐらせた料理です。ごはんの上にのせてタレカツ丼にすることもあります。
けんちょん汁は新潟県の郷土料理で、けんちん汁と似ていますが、秋野菜やきのこ、練り物や車麩などが入った具沢山の汁物です。


1月18日

【今日の給食】牛乳 しのだうどん こんにゃくと野菜の和え物
今日の給食で作ったしのだうどんは愛知県名古屋市のご当地メニューです。油揚げ、ねぎ、かまぼこが入ったうどんで、愛知県発祥の白醤油を使った透明なつゆが特徴です。白醤油は小麦を主原料にした醤油で、熟成期間も短いため食材の本来の味を生かした料理に向いている醤油になります。


1月17日

【今日の給食】牛乳 ごはん 豆腐の忍者揚げ わさび和え みそ汁
今日の主菜は豆腐の忍者揚げです。豆腐の忍者揚げはカレー風味のがんもどきに似た料理です。
ひと目見ただけでは豆腐が入っているようには見えず、忍んでいるように見えることから忍者揚げというメニュー名になりました。
忍者揚げにはツナ、にんじん、とうもろこし、ねぎが入っています。


1月16日

【今日の給食】牛乳 照りマヨチキンパン コールスローサラダ コーンスープ
照りマヨチキンはしょうゆや砂糖などで味付けした鶏肉にマヨネーズを絡めたものです。照り焼きの甘辛い味とマヨネーズのコクがよく合います。今日の給食では食パンに乗せて焼き上げました。パンに乗せるときは少し片栗粉でとろみをつけることで液垂れせずに食べやすくなります。


1月15日

【今日の給食】牛乳 豚キャベ丼 みぞれ汁 もやしのピリ辛和え
今日の汁には、にんじん、ごぼう、白菜、油揚げなどの食材の他に、すりおろした大根が入っています。みぞれ汁という名前はこのすりおろした大根がまさに雪と雨が混ざりあったみぞれに似ているためです。日本の料理名には食材の様子を自然現象に例えた名前がたくさんあります。みぞれ汁、ひなあられ、しぐれ煮・・・ルーツを辿れば昔の人々の豊かな感性に触れる機会となるかもれません。


1月12日

【今日の給食】牛乳 ドライカレー 野菜サラダ
今日の給食ではドライカレーを作りました。ドライカレーはインドのキーマカレーをもとに日本でアレンジされたもので、通常のカレーよりも汁気が少ないのが特徴です。汁気が少ないため、調理時間も短く済みます。また、ごはんにかけて食べる以外にもトーストに乗せて焼いて食べるアレンジ料理にも使いやすいです。


1月11日

【今日の給食】牛乳 ごはん 魚の南蛮漬け からし和え みそ汁
魚の南蛮漬けはカラッと揚げた魚に唐辛子を少し効かせた甘酢を絡めた料理です。
江戸時代に外国との交易の玄関口となっていた長崎ではスペインやポルトガルから様々な海外の異文化が伝わりました。その中で地中海料理のエスカベッシュをもとにして作られたのが南蛮漬けです。当時、スペインやポルトガルを「南蛮」と呼んでいたことから「南蛮漬け」という料理名になったそうです。


1月10日

【今日の給食】牛乳 あけぼのごはん 松風焼き 白玉雑煮
3学期最初の給食が始まりました。今日の給食はお正月に関係のある料理です。松風焼きはおせち料理の1つで、表面にごまを振りかけ、裏側には何もないことから「裏がない、つまり隠し事がなく正直な生き方ができるように」という思いが込められています。
また、白玉をおもちに見立てた白玉雑煮も作りました。


12月22日

【今日の給食】牛乳 カレーうどん かぼちゃのそぼろ煮 果物
今日は2学期最後の給食です。今日の冬至に合わせて、うど「ん」やな「ん」き「ん」(かぼちゃ)など「ん」のつく食材を使って、「運盛り」にちなんだ給食を作りました。今日の日の出は東京で6時47分、日の入りは16時32分と日の出ている時間は10時間もありません。明日からはまた少しずつ日の出ている時間が延びてきます。
これから冬休みに入ると年末年始に向けて家庭で過ごす時間が多くなります。年末年始は大切な行事の1つであり、地域や家庭ごとに食文化が少しずつ異なります。大切な食文化を経験する機会として子どもたちには過ごしてほしいなと思います。


12月21日

【今日の給食】ジョア 黒砂糖パン フライドチキン マカロニスープ 米粉のケーキ
今日の給食は少し早めのクリスマス給食です。クリスマスの定番メニューにもなっているフライドチキンや米粉のケーキを作りました。米粉のケーキはサンタさんが描かれたカップに入っています。マカロニスープには星型のマカロニを混ぜてキラキラ輝く夜空をイメージしました。


12月20日

【今日の給食】牛乳 家常豆腐丼 中華スープ 華風和え
家常豆腐とは中国でよく食べられている豆腐を使った家庭料理です。
中国では高温で揚げた木綿豆腐を使って作りますが、今日の給食では厚揚げを使って作りました。
厚揚げもまた、大豆から作られる加工品の1つです。良質なたんぱく質が多く含まれています。


12月19日

【今日の給食】牛乳 ごはん 魚の照り焼き ひき菜炒り みそ汁
今月の郷土料理は福島県です。「ひき菜」は「大根の千切り」という意味の福島県の方言で、そのひき菜と他の具材を合わせて炒め煮した料理が「ひき菜炒り」です。具材として使われる大根には胃腸の消化を助ける効果があります。 


12月18日

【今日の給食】牛乳 ごはん さつまいも入り根菜チキン 豆腐汁
豆腐は大豆から作られる食品で、大豆、水、にがりから作られます。
大豆由来の植物性タンパク質やビタミンE、カルシウムが豊富に作られています。
江戸時代には豆腐料理だけを100種類近く集めた「豆腐百珍」と呼ばれる料理本があったことも知られています。


12月15日

【今日の給食】牛乳 ミルクパン チリコンカン 糸寒天サラダ
今日の給食では糸寒天サラダを作りました。サラダにかけるソースをドレッシングと呼びます。「ドレッシング」はドレスから派生した言葉で、まるでドレスで着飾るように食材を飾って調味するという意味合いから「ドレッシング」と呼ばれるようになりました。同じ食材でもかけるドレッシングによって見た目や味わいが変わる様子を表しているそうです。


12月14日

【今日の給食】牛乳 ごはん 魚のごま醤油焼き ちりめん昆布和え みそ汁
今日の給食ではサバを使っています。日本海に面した福井県小浜市から京都を結ぶ約80km余りの道のりを「鯖街道」と言い、かつて日本海で獲れた多くのサバがこの街道を通って京都に運ばれました。サバは傷みやすいため、当時は塩漬けにして運ばれていたそうです。


12月13日

【今日の給食】牛乳 スパゲッティーミートソース マセドアンサラダ 果物
スパゲッティを含めたパスタの始まりは、古代ローマ時代に食べられていた「プルス」と呼ばれる小麦を煮詰めたお粥のような料理がもとになったと言われています。現在のようにソースに絡めて食べるようになったのは、トマトと組み合わせたことがきっかけと考えられています。日本には幕末に他の西洋文化とともに伝わりました。当時の書物にはパスタについて「うどんのようだ」と記述されたものも残っているようです。


12月12日

【今日の給食】牛乳 ごはん のりとひじきの佃煮 いかのスパイス焼き 厚揚げのごまみそ汁
佃煮は江戸時代に佃島(現在の中央区佃周辺)の地域で食べられてきた食品で、東京都生まれの名産品の一つです。
江戸時代に保存方法として一般的であった塩漬けにたまり醤油を使ったことで、現在の佃煮に近い濃厚な味付けに発展したそうです。


12月11日

【今日の給食】牛乳 ごはん ぎせい豆腐 じゃがツナ和え みそ汁
ぎせい豆腐は豆腐を使った精進料理の1つで、豆腐に卵や野菜を混ぜて再び押し固めて豆腐の形に模した料理です。
一度崩した豆腐を再び豆腐に似せることから「擬製豆腐」と呼ばれるようになったという説や義省という尼が考案した料理なので「義省豆腐」と呼ばれるようになったという説など、その名前の由来には諸説あります。


12月8日

【今日の給食】牛乳 メープルシロップトースト リヨネーズポテト サーモンのクリームシチュー
メープルシロップとはサトウカエデという木の樹液から作られる甘いシロップのことです。カナダの国旗にもサトウカエデの葉が描かれているように、カナダの特産品の1つで世界中で作られているメープルシロップの75%がカナダで生産されています。日本でも作られており、関東では埼玉県の秩父地方がメープルシロップの生産地として有名です。


12月7日

【今日の給食】牛乳 ひき肉のカレーライス 野菜サラダ 果物
カレーライスの具材の1つにじゃがいもがあります。じゃがいもは標高4000mを超える山々が連なるアンデス山脈があるペルー原産の食材です。日本には今から500年ほど前に伝わり、ジャワ島のジャカルタを経て伝わったため「じゃがいも」と呼ばれるようになったそうです。


12月6日

【今日の給食】牛乳 みそラーメン 大豆と小魚の変わり揚げ ヨーグルトゼリー
ヨーグルトはミルクを乳酸菌や酵母の力を利用して発酵させた食品で、その始まりは数千年前に遡ると言われています。
ヨーグルトを含めてミルクを発酵させたものを「発酵乳」 と呼び、牛乳以外にもヤギ、羊、水牛、馬などのミルクから作られる食品もあります。


12月5日

【今日の給食】牛乳 ごはん ちくわの磯辺揚げ 鶏肉と里芋の煮物
今日の主菜は鶏肉と里芋の煮物です。里芋はインド周辺で生まれた食べ物で、日本では2000年前から食べられていたと言われています。里芋は日本だけでも200種類あり、主な品種には土垂やえび芋、八ツ頭などがあります。


12月4日

【今日の給食】牛乳 チキンライス きのこのミルクスープ ビーンズサラダ
今日の給食ではチキンライスを作りました。チキンライスは日本生まれの洋食の1つで、具材に鶏肉が入っていることから「チキンライス」と呼ばれるようになりました。味付けにトマトケチャップを使うことが多いことから「ケチャップライス」と呼ばれることもあります。チキンライスというと、マレーシアやシンガポールにもありますが、日本のチキンライスとは全く異なる料理になっています。


12月1日

【今日の給食】ジョア ねぎ塩豚丼 ナムル かきたま汁
明後日の12月3日は入新井第一小学校の開校記念日です。
今日の給食では少し早めのお祝い給食として、牛乳ではなくジョアを出しました。
また、かきたま汁にも「祝」の文字が書かれたなるとを加えたお祝い給食特別バージョンを作りました。


11月30日

【今日の給食】牛乳 ごはん 魚のきんぴら煮 さつまいもサラダ
きんぴらは千切りにしたごぼうやにんじんなどの野菜をしょうゆや砂糖で甘辛く炒めた料理です。
「きんぴら」という名前は金太郎のモデルとなった坂田金時の息子である坂田金平が由来とされています。
ごぼうのしっかりとした食感や歯ごたえ、唐辛子のピリ辛な味わいを、人形浄瑠璃の中で語られる金平の強さや勇ましさに例えて呼ばれるようになりました。


11月29日

【今日の給食】牛乳 クリームパスタ サウピカンサラダ 果物
「サウピカン」とは、ブラジル料理の1つで細く切ったじゃがいもを油で揚げた料理のことです。
サウピカンサラダは野菜の上に千切りにしたポテトフライをサラダです。ブラジルの芋といえばキャッサバが有名です。
キャッサバという名前には聞き馴染みがないかもしれませんが、タピオカの原料となる芋で意外とわたしたちにとって身近な食材となっています。


11月28日

【今日の給食】牛乳 玄米ごはん ししゃもの甘辛香味漬け 秋野菜の煮物
今日の給食では玄米ごはんを作りました。玄米は稲の実から籾殻を取り除いたお米のことです。ここからさらに精米したものが普段、給食で使っている白米になります。玄米には白米と比べて食物繊維やミネラル、ビタミンが豊富に含まれています。
ちなみに玄米から白米に精製される過程で出てくる糠を塩などと合わせると「ぬか漬け」という漬物を作ることができます。


11月27日

【今日の給食】牛乳 ガーリックライス ミネストローネ ツナサラダ
ミネストローネは「具だくさん」「ごちゃまぜ」という意味の言葉で、季節の野菜をふんだんに使ったイタリアのスープのことです。
もともとは野菜を煮込むだけのシンプルなスープでしたが、ヨーロッパに観賞用として伝わっていたトマトが食べ物として食べられるようになると、トマトが入った今のミネストローネのもとになる料理が作られるようになりました。


11月24日

【今日の給食】牛乳 ごはん 親子たまご焼き ごまみそ和え 根菜汁
11月24日はい(1)い(1)日本食(24)という語呂から「和食の日」です。
和食は日本が世界に誇る食文化であり、和食は和食に関わる食文化や食習慣と合わせてユネスコ世界無形文化遺産に指定されています。今日の給食では和食の日にちなんで和食の献立で給食を作りました。改めて、給食を通して日本の食について考える機会になって欲しいと思います。


11月22日

【今日の給食】牛乳 チャイナそぼろごはん にらたまスープ こんにゃくサラダ
ニラは病気から体を守るのに必要なビタミンAやビタミンC、元気を引き出す成分であるアリシンが豊富に含まれている食材です。
また、香りが強い”香味野菜“の1つなので、料理のワンポイントとして使われやすい食材です。冬から春先にかけて旬を迎えるため、これからの時期においしく食べられる食材の1つになります。


11月21日

【今日の給食】牛乳 ぶどうパン ポテトのミートグラタン ジュリエンヌスープ
グラタンはフランス料理で「オーブンで焼き上げ、表面をこんがり焼き目をつけた調理法」のことを指します。日本では肉や野菜、パスタなどの具材とホワイトソースを合わせたものを焼き上げた料理のことを言います。今日の給食のようにソースをミートソースに変えるとまた違った味わいを楽しむことができます。


11月20日

【今日の給食】牛乳 油麩丼 はっと汁 果物
今月の郷土料理は宮城県です。油麩は宮城県登米地方の名産品で、冷蔵庫がなかった時代に食材をできる限り長くもたせるために考え出された食品です。油麩丼は地元の旅館のおかみさんが考案したメニューで、カツ丼のカツのかわりに油麩を使った料理です。はっと汁は年貢としてお米を納めていた時代に、人々がお米のかわりに食べていた料理がもとになっています。


11月17日

【今日の給食】牛乳 ツナマヨビーンズドッグ ポトフ コールスローサラダ
給食でよく使われる野菜の1つににんじんがあります。栄養素が摂れるだけではなく、きれいなオレンジ色が彩りを与え、料理を引き立たせてくれるため給食では欠かせない存在です。
にんじんの原産地は現在のアフガニスタン周辺と言われています。日本では中国から伝来した東洋種とトルコ・ヨーロッパを経由して伝来した西洋種それぞれを食べることができます。


11月16日

【今日の給食】牛乳 やきとり風丼 糸寒天のごま酢和え さつま汁
給食では寒天をよく使います。寒天はテングサやオゴノリという海藻を原料にして作られる食品です。
寒天には100倍以上の水を保つ性質があるため、今日のようなサラダのトッピング以外に、ゼリーを作るときにゼリー液を固める材料として使っています。食物繊維が豊富に含まれているため、お腹の調子を整えるなどの効果があります。


11月15日

【今日の給食】牛乳 ツーリュー麺 春巻き 甘酢和え
春巻きは中華料理の点心の1つです。立春の頃に新芽が出る食材を使って作られたことから春巻きと呼ばれるようになりました。英語でも春を意味する”spring“と巻くを意味する”roll“を合わせた”spring roll“と呼ばれています。


11月14日

【今日の給食】牛乳 ごはん 魚の西京焼き 磯和え 豆豚汁
今日の主菜である魚の西京焼きは京都の白みそである”西京みそ“を使った料理です。西京みそをみりんや酒でのばし、魚や肉を漬け込んで焼き上げます。通常は1日から3日程度漬け込むことで、みそのうまみや香りが魚や肉に移り、焼き上げたときに香ばしさが増します。今日の給食では鮭を使いました。


11月13日

【今日の給食】牛乳 かやくごはん 厚揚げの煮物 昆布サラダ
今日の給食に登場する「かやくごはん」は炊き込みご飯の関西での呼び方です。かやく(加薬)はうどんやごはんに加える肉や野菜などの具材のことで、メインのごはんやうどんに加えるという意味から「加役」と表記されることもあります。カップ麺の具材の「かやく」も同じ意味で使われています。 


11月10日

【今日の給食】牛乳 セサミトースト もやしのカレー風味 シュクメルリ
もやしは豆を光が当たらない環境下で発芽させた食材です。今日の給食では緑豆を発芽させたものを使っています。この他にも大豆やブラックマッペと呼ばれる豆から作られるものもあります。天候や季節に左右されることなく安定的に供給できることから給食でもよく使われる食材の1つになっています。


11月9日

【今日の給食】牛乳 麦ごはん 揚げ餃子 わかめともやしの中華和え 中華風卵スープ
今日の副菜は、わかめともやしの中華和えです。わかめが日本で食べられるようになったのは今から2000年以上前と言われており、青森県の遺跡からは土器とともに発見されています。
万葉集には海藻を読み込んだ作品が100首ほど記録されており、人々の食生活に深く根付いていたことが分かります。


11月8日

【今日の給食】牛乳 大豆入り青のりごはん いかの照り焼き おろしポン酢サラダ のっぺい汁
今日、11月8日は1(い)1(い)8(歯)の語呂合わせから、「いい歯の日」とされています。よく噛むことは食べすぎの防止や虫歯予防、消化吸収を助けるなど体に良い働きがたくさんあります。今日の給食では噛み応えのある食材を使って給食を作りました。


11月7日

【今日の給食】牛乳 カレーライス じゃこ入り海藻サラダ 果物
今日の給食では果物にみかんを出しました。みかんは関東より西にある沿岸地域で栽培され、主な生産地として和歌山県、愛媛県、静岡県などがあります。今日は和歌山県産のみかんを給食で出しました。

さて、昨日今日と2日間にわたって給食試食会を行いました。
学校としても普段子供たちが食べている給食を知っていただく、また保護者の皆様からも給食についてお話をうかがう貴重な機会となりました。ご参加いただいた保護者の皆様、誠にありがとうございます。


11月6日

【今日の給食】牛乳 ほうとう ビーンズポテト ひじきとコーンのサラダ
ほうとうは山梨県の郷土料理で、幅広のほうとうめんに野菜やきのこなどがふんだんに入った温かい麺料理です。
山梨県には物事がうまくいったときに「うまいもんだよ、かぼちゃのほうとう」という言葉があるほど県民に親しまれています。


11月2日

【今日の給食】牛乳 ミルクパン 小松菜コロッケ 茹でキャベツ かぶのミルクチャウダー
近い地域でとれた食材を使うと、食材を輸送する距離が短いため、地球温暖化につながる温室効果ガスの排出を抑えることができます。
今日の給食では、東京都でとれた小松菜を使って小松菜コロッケを作りました。小松菜は東京都江戸川区の小松川という地域で昔から育てられている東京発祥の野菜です。 


11月1日

【今日の給食】牛乳 五目ごはん 豚肉とかぼちゃの黒酢炒め みそ汁
今日のおかずには黒酢を使っています。黒酢は玄米や大麦から作られ、琥珀色とまろやかな味わいが特徴です。一年以上の長い期間をかけて作るため通常の酢よりもアミノ酸などが豊富に含まれています。今日の給食のような炒め物や煮物の味付けによく使われます。


10月31日

【今日の給食】牛乳 とりごぼうピラフ 野菜スープ かぼちゃプリン
10月31日はハロウィンです。日本でもハロウィンに関連したイベントが開催されるなど季節を代表するイベントとして親しまれています。
ハロウィンといえばかぼちゃをくり抜いた「ジャック・オー・ランタン」という飾りがあります。もともとハロウィンが始まったヨーロッパではカブを使っていましたが、アメリカに伝わったときにカブよりも馴染みがあったカボチャで作られるようになりました。
今日の給食ではハロウィンにちなんでかぼちゃプリンを作りました。


10月30日

【今日の給食】牛乳 胚芽ごはん 魚の竜田揚げ、おひたし、けんちん汁
今日の給食ではサバを使って竜田揚げを作りました。
サバには体を作る材料になるたんぱく質や疲れにくくする働きを持つ鉄分、血液の流れを良くして病気を予防する効果があるEPAやDHAなどの栄養素が豊富に含まれています。


10月27日

【今日の給食】牛乳 栗ご飯 肉じゃが煮 おかか和え
今夜は十三夜です。十三夜は9月の十五夜に次いで美しい月が見られる日とされています。
十三夜の時期は栗や豆がとれることから「栗名月」「豆名月」とも呼ばれています。
今日の給食では栗名月にちなんで栗ごはんを作りました。


10月26日

【今日の給食】牛乳 ジャムサンド チキンクリームシチュー バランスサラダ
今日は本の世界とコラボレーションした、おはなし給食の日です。
今日の給食では「ジャイアント・ジャム・サンド」に登場するジャムサンドを給食で再現しました。
給食では食べやすいように、ジャムサンドを半分に切って提供しています。読書月間に伴い、本とコラボレーションしたおはなし給食も今日が最終回になります。給食で紹介した本以外にも食べ物や料理が登場する本はたくさんあります。食から探す本の世界も楽しいかもしれません。


10月25日

【今日の給食】牛乳 上海めん ピリ辛もやし 鬼まんじゅう
鬼まんじゅうは愛知県の郷土料理の1つです。さつまいも、小麦粉、砂糖などを合わせて蒸した料理です。コロコロとサイコロ状に切ったさつまいもの角が鬼のツノや金棒を連想させるため「鬼まんじゅう」と呼ばれるようになったと言われています。
地域によっては「芋ういろ」や「芋まん」と呼ばれることもあるそうです。


10月24日

【今日の給食】牛乳 ごはん おから入りハンバーグ 青のりポテト みそ汁
今日の給食では鶏肉とおからで作ったハンバーグを作りました。ハンバーグの歴史は18世紀のドイツまで遡ります。
ドイツのハンブルクでは生肉をタルタル(みじん切り)にして焼いた肉料理が人気でした。
後に「ハンブルク風ステーキ」として、アメリカを通じて日本に広まり、現在のハンバーグになったと言われています。


10月23日

【今日の給食】牛乳 麦ごはん 中華風野菜炒め 豆入りバンサンスー
今日の給食に登場する「バンサンスー」は中華風の春雨サラダのことを言います。
バンが「和える」、サンが「三つの」、スーが「糸のように細く千切りする」という意味があります。
今日の給食では、春雨と豆以外にキャベツ、にんじん、きゅうりを千切りにして使いました。


10月20日

【今日の給食】牛乳 ミルクパン 魚のみそマヨネーズ焼き 粉ふき芋 トマトスープ
今日の給食では秋鮭を使ってみそマヨネーズ焼きを作りました。
メノルカ島の港町マオンで作られていたソースをフランスの公爵がパリで「マオンのソース」として紹介したものが、今のマヨネーズの原型になったと言われています。マヨネーズが魚の表面をコーティングすることで焼き上がった後もしっとりとした食感を愉しむことができます。  


10月19日

【今日の給食】牛乳 ごはん ししゃもフライ 甘酢和え 芋煮
今月の郷土料理は山形県の郷土料理である芋煮を作りました。芋煮は里芋の収穫時期である秋から冬にかけて食べられる料理で、「芋煮会」といって、河原に鍋や材料を持ち込んで家族や友人と一緒に作ったり、運動会や地域行事の後に振る舞われたりと季節を感じるイベントの1つとして親しまれています。 


10月18日

【今日の給食】牛乳 きのこのトマトスパゲッティ 海藻サラダ 豆腐と野菜のスープ
今日は今月2回目の本の世界とコラボレーションしたおはなし給食の日です。
今日の給食では『スパゲッティがたべたいよう』という作品に登場するスパゲッティにきのこを加えてアレンジしました。
おばけのアッチが食べたいスパゲッティはどんな料理なのか、アッチはスパゲッティを食べることができるのか、ぜひ本を読んで確かめてほしいと思います。


10月17日

【今日の給食】牛乳 わかめごはん ふくさたまご焼き 田舎汁
今日の給食で作った田舎汁にはにんじんやだいこん、じゃがいも、ぶなしめじなどこれからの季節に旬を迎える食材をふんだんに使用しています。根菜類にはエネルギーになりやすい糖質が多く含まれているため体を温めやすく、きのこ類には食材のうま味を引き出す効果があります。
だんだんと寒さが感じられる季節になりました。旬の食材を食べて、子供たちに元気に過ごしてもらいたいです。


10月16日

【今日の給食】牛乳 麻婆豆腐丼 きのこスープ 大学芋
今日の給食では麻婆豆腐を作りました。給食の麻婆豆腐にはお肉とたくさんの野菜をあわせて麻婆豆腐のあんを作っています。
今日は玉ねぎ、にんじん、干し椎茸、ニラ、長ネギ、にんにく、しょうがを細かく刻んで入れました。
少し豆板醤でピリ辛な味付けですが、旬のさつまいもを使った大学芋の甘みで口直しをしつつ、もりもり食べてくれるといいなと思います。


10月13日

【今日の給食】牛乳 カレーミートトースト 小松菜サラダ ポトフ
今日の給食ではカレーミートトーストを作りました。カレーミートトーストはみじん切りにした野菜と挽肉をカレー粉やケチャップで味付けした具材を食パンに乗せて焼き上げました。お昼近くになると給食室から香ばしいカレーの香りが廊下にまで広がり、食欲をそそります。
余ったカレーのアレンジレシピにもおすすめです。簡単に作れるのでぜひご家庭でも試してみてください。


10月12日

【今日の給食】牛乳 ごはん 鶏の香味焼き ごま和え 沢煮椀
今日の給食で登場する沢煮椀は千切りにした野菜とお肉を煮込んで作る汁物です。
沢という字には「たくさんの」という意味があります。
沢煮椀は昔、漁師が山に入る際に塩漬けにしたお肉を持っていき、そのお肉と山菜を一緒に煮込んだ料理がルーツと言われています。


10月11日

【今日の給食】牛乳 キャロットライスのクリームソースかけ ポパイサラダ 果物
昨日10月10日は「目の愛護デー」といって目の大切さや目の健康について考える日です。
今日の給食では目の愛護デーにちなんで、目の健康に必要なビタミンAを豊富に含むにんじんやほうれん草を使った給食を作りました。
タブレット学習もあり、学校の生活においても目を使うことが多い子供たちに改めて目の健康について考えてほしいと思います。


10月5日

【今日の給食】牛乳 きなこ揚げパン ポークビーンズ コーンサラダ
今日の給食では大田区発祥の給食メニューである揚げパンを作りました。
今も変わらず人気の揚げパンは子供たちだけではなく、大人も楽しみにしている給食メニューです。
今回はきなこ味で作りました。


10月4日

【今日の給食】牛乳 ジャージャー麺 中華風コーンスープ ぶどうゼリー
今日の給食ではジャージャー麺を作りました。ジャージャー麺の味付けには甜麺醤という中国の調味料を使っています。
甜麺醤の「甜」は甘い、「麺」は小麦粉、「醤」は調味料という意味があり、日本の甘味噌のような味わいがあります。
回鍋肉や北京ダックの奥行きのある甘みも甜麺醤の甘みを生かしています。


10月3日

【今日の給食】牛乳 豚丼 具だくさんみそ汁 ピリ辛和え
今日の給食では豚丼を作りました。
豚肉には様々な栄養素が含まれています。体の元となる良質なたんぱく質や疲れを回復させる効果を持つビタミンB1を多く含んでいます。
今週末の運動会に向けて、より一層運動会の練習に力が入ってくると思います。給食で栄養をしっかり摂って、運動会に向けて頑張る力に変えてほしいなと思います。


10月2日

【今日の給食】牛乳 ごはん 芋と魚の甘酢あん 中華風だいこん
今日から10月の給食が始まりました。今月の給食目標は『食後の休息をとろう』です。
食後、人の体は食べたものの栄養を消化・吸収するために、消化器官が活発に働いています。
食後すぐに激しく動いてしまうと、消化器官の働きを邪魔してしまい、体調を崩してしまうこともあります。
今日の給食では放送を通して食後落ち着いて過ごしてから、次の活動に移ることの大切さを伝えました。


10月29日

【今日の給食】牛乳 秋の香りごはん みそ汁 お月見ようかん
今日は十五夜です。十五夜は一年で最も美しい月が見られる日として考えられ、月見団子や秋の作物を飾り付けて月の美しさを愛でたり、秋の収穫を祝う日として親しまれています。今日の給食では、十五夜にちなんで秋に旬をむかえる栗やきのこを使った炊き込みごはんやあんずで月をイメージしたようかんを作りました。
天気予報では、東京だと今夜は雲の隙間から顔をのぞかせた月を見ることができるそうです。給食から秋の行事を感じてほしいと思います。


9月28日

【今日の給食】牛乳 ごはん 豚肉と大根のべっこう煮 卵入りみそ汁
今日の給食では豚肉と大根を使ってべっこう煮を作りました。べっこう煮は濃い色の照りを出した煮物のことで、その色合いがべっ甲に似ていることからべっこう煮と呼ばれるようになりました。しょうゆ、みりん、砂糖などの調味料で食材を煮詰めることで、照りと濃い色を引き出しています。 


9月27日

【今日の給食】牛乳 けんちんうどん いかぺったん フルーツヨーグルト
今日の給食ではいかぺったんを作りました。
いかぺったんは大田区ならではの給食メニューで、揚げたお好み焼きのような料理になります。
1年生は初めてのいかぺったんです。大田区の給食の味を感じてほしいと思います。


9月26日

【今日の給食】牛乳 どんどろけめし 魚の揚げ煮 みそ汁
今日の給食ではどんどろけめしを作りました。どんどろけめしは鳥取県の郷土料理で、豆腐を炒めるときに鍋から聞こえる音がまるで雷鳴のように聞こえることから「どんどろけめし」と呼ばれるようになりました。
この料理のポイントが豆腐からいかに水分を飛ばすかです。
給食室では朝から長い時間、焦げないように気をつけながらじっくり炒め続けることで水分をしっかり飛ばしました。
水分が飛んだ豆腐にはしっかりと味が染みやすく、ご飯と混ぜたあともべちゃっとならず美味しく食べることができます。


9月25日

【今日の給食】牛乳 ツナトースト カレーヌードルスープ ビーンズサラダ
カレーヌードルスープはアメリカの家庭料理であるチキンヌードルスープをカレー味にアレンジした料理です。
チキンヌードルスープはアメリカでは具合が悪くて食欲がないときに食べる料理として親しまれています。
給食では、フィットチーネを使って食べごたえのあるスープに仕上げました。


9月22日

【今日の給食】牛乳 黒砂糖パン チキンとポテトのオーブン焼き 糸寒天サラダ
今日の給食ではチキンとポテトのオーブン焼きを作りました。鶏肉とじゃがいも、玉ねぎの上にチーズを載せて焼き上げたシンプルなおかずです。オーブンは文明が始まったことから人類の生活に欠かせない調理道具の一つです。オーブンというとあまり古いイメージがつきませんが、いわゆる窯が現代のオーブンのもとになります。給食ではガス式のオーブンを使って2学年ずつ焼いています。


9月21日

【今日の給食】牛乳 チャーハン サンラータン 杏仁豆腐
今日の給食は中華料理です。サンラータンはサンが酢の酸味、ラーがラー油などの辛味、タンがスープを意味します。
酸っぱ辛いという独特の味付けながら、さっぱりと味わうことができるスープです。
給食ではラー油を入れていますが、子供たちにも食べやすいように少し量は控えめにしています。
しかし後味からほのかにラー油の辛味を感じるため十分に”サンラータン”らしさを感じることができると思います。


9月20日

【今日の給食】牛乳 きのこごはん 鶏肉の生姜焼き さつま汁
今日の給食では旬のきのこをふんだんに使ったきのこごはんを作りました。
炊き込みごはんにすることで、きのこのうま味を余すところなく味わうことができます。
旬を迎え始めたさつまいもや根菜を合わせたさつま汁と一緒に秋の味覚を感じてほしいなと思います。 


9月19日

今月の郷土料理は岩手県です。給食では、岩手県を含む南部地方に伝わる「南部焼き」を作りました。
南部焼きは調味液に浸した魚や肉にごまをまぶして焼き上げた料理です。今日の給食ではサバを使いました。
ちなみに、南部地方では他に南部せんべいや南部鉄器で有名です。


9月15日

【今日の給食】牛乳 豆乳きなこトースト きのこのクリームシチュー ごまドレッシングサラダ
今日の給食に登場する豆乳きなこトーストは、フレンチトーストのように豆乳、きなこ、砂糖を合わせた液に浸して焼き上げました。
学校ではスチームコンベクションオーブンを使って、蒸気で蒸し焼きをしています。
蒸気の水分があることで、耳まで柔らかくふっくらとやきあげることができます。温度や蒸気の量の調整は調理員さんの腕の見せどころです。


9月14日

【今日の給食】牛乳 ピラフ 洋風卵焼き キャベツとじゃがいものスープ
ピラフはフランスの米料理です。もともとトルコで生まれた米料理である「ピラウ」がヨーロッパに伝わったとされています。ピラフ以外にもスペインのパエリアやイタリアのリゾット、アジアに伝わったものは中国のチャーハンや日本の焼き飯に変化したそうです。1つの料理をルーツに同じ米料理でも伝わった国の食文化と融合して独自の変化を遂げるところは食文化の面白さでもあります。


9月13日

【今日の給食】牛乳 肉と野菜の炒めそば 白菜スープ カラフルビーンズ
今日の給食に登場するカラフルビーンズは色がカラフルという訳ではなく、いろんな具材が入っている様子を「カラフル」と表現しています。
さつまいも、ワンタン、大豆をカラッと揚げて、甘辛いタレと絡めています。さつまいものホクホク感、大豆のサクサク感、ワンタンのパリパリ感、それぞれ異なる食感を楽しめるおかずです。


9月12日

【今日の給食】牛乳 ごはん 魚のマスタード焼き ごま酢和え かきたま汁
今日の給食ではホキを使ってマスタード焼きを作りました。
マスタードはいわゆる「洋がらし」のことで、日本で使われている「和がらし」と大別されています。
マスタードの中でも粒マスタードやイエローマスタードがあります。今日の給食では粒マスタードを使いました。


9月11日

【今日の給食】牛乳 ごはん 筑前煮 わかめとツナの和え物
筑前煮は福岡県の郷土料理です。筑前国から「筑前煮」と呼ばれるようになりました。
「筑前煮」という呼び方は九州以外の地域の人の呼び方で、地元では「炒り鶏」「がめ煮」などと呼ばれています。
具材の鶏肉と根菜を油で炒めてから煮るという作り方が特徴的で、現在では正月のおせち料理の三の重に入れる料理として全国的に親しまれています。


9月8日

【今日の給食】牛乳 玄米ごまごはん じゃがいものそぼろ煮 大根サラダ
明日9月9日は「重陽の節句」です。中国の陰陽の考え方に基づいて、陽の最大数である9が重なるこの日は縁起が良いとされています。
また、古くからこの時期には菊を愉しむ文化が根づいており、「菊の節句」とも呼ばれています。
今日の給食では重陽の節句に合わせて、大根サラダの中に菊の飾りかまぼこを入れました。


9月7日

【今日の給食】牛乳 きじやき丼 もやしの酢醤油かけ みそ汁
きじやきは、鶏肉や魚をしょうゆ、酒、みりんで作った調味液に漬け込んで焼き上げた料理です。
今から500年ほど前の日本では、野生の雉が鶏肉の中で一番美味しいとされていました。
その一番美味しい雉の味に少しでも近づけようと考えられたのがきじやきと言われています。 


9月6日

【今日の給食】牛乳 ツナとキャベツの和風パスタ マセドアンサラダ チーズのふわふわスープ
今日のパスタはツナが入った醤油ベースのパスタです。ツナはマグロやカツオなどを使った加工品で、魚に含まれる良質な油を摂りやすい食材です。また、魚の中では比較的お肉に近い食味のため、魚が苦手な人にも食べやすいという特徴があります。


9月5日

【今日の給食】牛乳 野菜とひき肉のカレーライス 野菜サラダ
今日の給食では給食の人気メニューであるカレーライスを作りました。
いつもと違ってひき肉を使い、野菜の他にレンズ豆を加えています。
給食室からわずかに香るカレーのにおいを一生懸命”探している”1年生の様子が見られました。


9月1日

【今日の給食】牛乳 炊き込みごはん すいとん汁 カリポリサラダ
今日から給食が再開しました。
夏休み明け初日の今日は、9月1日の防災の日にちなんですいとん汁を作りました。
すいとんは小麦粉と水で作ることができ、物資が少ない避難所では貴重な栄養源として作られることが多いです。
防災に対して日頃から意識することで、いざという時の生死を分けることもあるようです。給食からも防災について考えるきっかけになれば良いなと思います。


7月19日

1学期最後の給食は、秋田県の郷土料理を作りました。
きりたんぽ鍋はすりつぶしたご飯を木に巻き付けて炭火で焼いたもの〈きりたんぽ〉を鍋で野菜と一緒に煮込んだ料理です。
厳しい寒さを迎える秋田に欠かせない料理です。厳しい寒さとは真逆の天気ですが、日本の食文化を体感してほしいと思います。


7月18日

【今日の給食】牛乳 夏野菜カレー キャロットサラダ 果物
今日の給食では夏野菜をたっぷり使ったカレーを作りました。夏野菜は水分が多く、体温を下げてくれる効果があります。
赤や緑、紫といった彩りも豊かで、今の時期にぴったりの料理です。
果物は冷凍みかんを出しました。今日のような猛暑日にピッタリのデザートですね。


7月14日

【今日の給食】牛乳 ぶどうパン えびとマカロニのクリーム煮 ひじきとコーンのサラダ
今日の給食ではぶどうパンを出しました。ぶどうパンに入っているレーズンは紀元前に発見され、1300年前には地中海沿岸地域を中心に生産されていたと言われています。苦手な食材としてあがりやすいレーズンですが、カリウムや鉄分が補給できるので、夏バテ対策に取り入れてほしい食材です。


7月13日

【今日の給食】牛乳 ごはん 韓国風肉じゃが ナムル
今日の給食では少し変わった肉じゃがを作りました。
にんにく、長ねぎなどの香味野菜やコチュジャン、すりごま、ごま油を使って韓国風に仕上げました。
少しピリ辛な味わいの肉じゃがはごはんとも相性が良いです。


7月12日

【今日の給食】牛乳 しょうゆラーメン ビーンズポテト 果物
今日の給食では果物に旬の小玉すいかを出しました。
すいかを切りながら調理員さんが「今日のすいかは良い!おいしそうだ!」と太鼓判を押す程、みずみずしく甘いすいかを八百屋さんが厳選して納品してくださいました。
しょうゆラーメンやビーンズポテトと一緒に食べるので、よりすいかの甘さを感じることができるのではないでしょうか。


7月11日

【今日の給食】牛乳 ジャンバラヤ おさつポテトサラダ レンズ豆のスープ
ジャンバラヤはアメリカのルイジアナ州で親しまれている家庭料理です。
スペインのパエリアから派生し、チキンや野菜をチリパウダーやカイエンペッパーなどのスパイスで味つけした料理です。
給食でもカレー粉やチリパウダーを加えて、今日のような蒸し暑い日でも食欲が湧きやすい少しピリ辛な味つけに仕上げました。


7月10日

【今日の給食】牛乳 そぼろごはん たまたまトマピーチーズ焼き 根菜スープ
今日の給食に登場する「たまたまトマピーチーズ焼き」は料理に使っている食材の頭文字を並べています。
「たまご」に「たまねぎ」「トマト」「ピーマン」「チーズ」を加えて焼いたものです。
チーズはサラダチーズを使うことで溶けて味が薄まることなく、焼き上がったものでもしっかりとチーズの存在感を感じることができます。


7月7日

【今日の給食】牛乳 ちらし寿司 七夕汁 星空ゼリー
今日、7月7日は七夕の節句です。校内にも七夕飾りや短冊で彩られた笹が飾られています。
給食でも七夕にちなんで、ちらし寿司、七夕汁や星空ゼリーを作りました。
七夕汁には天の川に見立てたそうめんが入っています。ちらし寿司や七夕汁には給食室の調理員さんが朝の時間にせっせと型抜きをした星型のにんじんを散りばめ、星空ゼリーには星型のナタデココが入っています。 


7月6日

【今日の給食】牛乳 ホイコーロー丼 しめじともやしの中華和え にらたまスープ
今日の給食ではホイコーロー丼を作りました。
ホイコーロー丼は下茹でしたお肉と野菜を炒めて豆板醤やしょうゆなどで味付けした中国の料理です。本場では葉ニンニクを使いますが、日本に浸透していく中で手に入りやすいキャベツに変わっていきました。四川料理特有の辛味のある味付けも味噌を使って少し辛味を抑えた仕上がりになっています。給食でも赤みそや八丁味噌を使うことが多いです。 


とうもろこしの皮むき体験

「今日の給食」でも紹介しましたが、今日は2年生と五組の児童と一緒にとうもろこしの皮むき体験を行いました。
どこのクラスも先生のお話をしっかり聞いて、一生懸命皮むきを頑張っていました。採れたての新鮮なとうもろこしなので、虫が出てくることもあり、虫が苦手な子たちは少しおっかなびっくり皮むきをしていましたが、きれいにむき終えたとうもろこしを笑顔で見せてくれました。
準備から後片付けまで協力してすばやく動ける姿は立派なお兄さん、お姉さんでした。
今日のとうもろこしは八王子で採れた「ほしつぶコーン」という品種です。とても甘い品種で塩のみの味付けでもその甘さをしっかり感じることができました。
2年生や五組の子たちの教室に行くと、とうもろこしを夢中で頬張っている子、最後の楽しみに取っておいている子、大事そうに1粒1粒味わって食べている子など各々の食べ方で味わっていました。


7月5日

【今日の給食】牛乳 スパゲティー味噌ミートソース おろしポン酢サラダ ゆでとうもろこし

今日の給食では、旬のとうもろこしを出しました。
このとうもろこしは2年生と五組の児童が1時間目に一生懸命むいてくれたものです。
「とうもろこしの皮むき楽しかった」「今日の給食で食べるのが楽しみ」
給食室に運ばれたとうもろこしが気になって給食室に見に来る児童もいました。
お昼の放送では2年生と五組のお友達がとうもろこしの皮むきをしたことを全校に紹介しました。


7月4日

【今日の給食】牛乳 ごはん 魚のごま味噌焼き 五目きんぴら すまし汁
今日の給食で作る五目きんぴらはごぼうやにんじんの他にさつま揚げ、じゃがいも、れんこんなどが入っています。
きんぴらという料理名は昔話で登場する金太郎こと坂田金時の息子である坂田金平がその名前の由来になっていると言われています。 


7月3日

【今日の給食】牛乳 チーズトースト ポークシチュー もやしのカレー風味
今日から7月になりました。今月の給食目標は「よく噛んで残さず食べよう」です。
お昼の放送ではよく噛んで食べるとどんな良いことがあるか、ひと口何回を目標にすればいいのかというお話を流しました。


6月30日

【今日の給食】牛乳 夏越ごはん 昆布和え 果物
今日6月30日は「夏越の祓(なごしのはらえ)」です。夏越の祓は半年の節目である6月末に半年分のケガレを落とし、残り半年の多幸を願う行事です。6月になると全国の神社などで茅の輪が設置されます。
夏越ごはんはそんな夏越の祓にちなんだ行事食です。邪気を払うとされる小豆を混ぜ込んだごはんに茅の輪をイメージしたかき揚げを乗せたものです。かき揚げにはこれから旬を迎える夏野菜が使われることから、赤や黄色、緑などの色の濃い野菜を混ぜています。


6月29日

【今日の給食】牛乳 中華丼 キャベツと豆腐のスープ あじさいゼリー
今日の給食では梅雨の今、見頃を迎えるあじさいをイメージしたゼリーを作りました。2層に分かれているこのゼリーは下の層にカルピスゼリーを流し入れ、その上にあじさいをイメージしたぶどうゼリーを乗せました。
梅雨明けも目前まで迫ってきました。夏の暑さにも負けないように子どもたちにはしっかり給食を食べてほしいと思います。


6月28日

【今日の給食】牛乳 あんかけ焼きそば さつまいものアーモンドがらめ 海藻サラダ
今日の給食ではあんかけ焼きそばを作りました。とろみのかかったあんが麺とよく絡んで、濃厚な味わいを最後まで楽しむことができます。
給食では麺を蒸す際に少し温度を上げて少し表面がぱりっとなるようにしています。そうすることであんが絡んだあとも麺が柔らかくなりすぎず、最後までおいしく食べることができます。


6月27日

【今日の給食】牛乳 ごはん 魚と野菜の味噌マヨ焼き 麩いりすまし汁
今日の給食ではホッケを使って味噌マヨネーズ焼きを作りました。
ホッケは白身の淡白な魚ですが、マヨネーズなどの油分の多いものと合わせるとジューシーな味わいに仕上げることができます。
ソースに味噌が入ることで和風な味つけでごはんとも合わせやすいです。


6月26日

【今日の給食】牛乳 メキシカンライス ハニーサラダ ベーコンときのこのスープ
今日の給食ではドレッシングにはちみつを入れています。砂糖と違って、甘みにコクがプラスされるためドレッシング自体も味わい深くなり、はちみつのとろみで野菜とも合わせやすくなります。


6月23日

【今日の給食】牛乳 揚げパン チリコンカン 野菜サラダ
今日の給食では大田区発祥の給食である揚げパンを作りました。
お昼の放送でも揚げパンのことを紹介しました。子どもたちもよく食べていました。


6月22日

【今日の給食】牛乳 インドネシア風チャーハン パリパリサラダ わかたまスープ
今日の給食では”インドネシア風”チャーハンを作りました。
インドネシアの焼飯料理であるナシゴレンをイメージしていて、スパイスやハーブを効かせた味付けになっています。
蒸し暑い気候で好んで食べられている料理なので、今の時期にピッタリのメニューです。


6月21日

【今日の給食】牛乳 ごはん 魚の利休焼き 甘酢和え みそ汁
今日の魚料理は「利休焼き」を作りました。利休焼きとは肉や魚の表面にごまをまとわせて焼いた料理のことです。
茶人として有名な千利休が料理によくごまを好んで使っていたことから「利休焼き」と呼ばれるようになりました。


6月20日

【今日の給食】牛乳 ナポリタン コーンスープ コールスローサラダ
今日の給食ではパスタの定番であるナポリタンを作りました。ナポリタンは名前からしてイタリア料理を彷彿とさせますが、日本生まれの洋食です。洋食文化が入ってきた明治時代以降にメニューとして考案され、徐々に広まっていきました。ナポリタンの他にも日本生まれの洋食がたくさんあります。


6月19日

【今日の給食】牛乳 十和田バラ焼き丼 せんべい汁 アップルゼリー
今月の郷土料理は青森県の郷土料理を作りました。十和田バラ焼きは牛肉と玉ねぎを青森県の特産品であるにんにくやりんごを使った甘辛いタレで味付けした料理で、給食では豚肉を使いました。せんべい汁は青森県を含む南部地域で食べられていた郷土料理で、厳しい冬を乗り越えるために保存食であるせんべいを使うようになったことが始まりとされています。


6月16日

【今日の給食】牛乳 カレーライス オニオンドレサラダ
今日の給食は子どもたちに人気のカレーライスを作りました。昨日までとうぶ移動教室に行っていた6年生も帰ってきて、久しぶりに全学年そろっての給食です。久しぶりの給食の味はどうでしょうか。


6月15日

【今日の給食】牛乳 丸パン 白いんげん豆入りコロッケ ボイルキャベツ トマトスープ
今日の給食ではいんげん豆が入ったコロッケを作りました。いんげん豆を蒸したときのホクホクとした食感はじゃがいもと合わせると違和感なく食べるため、豆が苦手な子どもたちにも食べやすいメニューです。
給食では苦手なものも少しは食べてみようという声かけを行っています。一人ひとりが無理のない範囲で苦手に挑戦してみることで成長とともに食べられるもの、好きな食べ物の幅が広がっていくといいなと思います。


6月14日

【今日の給食】牛乳 ごはん 魚の南蛮漬け えのき入りおひたし みそ汁
今日の給食では真ほっけを使った南蛮漬けを作りました。
南蛮漬けは「南蛮」という言葉からも分かるように室町時代からキリスト教伝来とともに始まった南蛮貿易の中で日本に伝わった料理が発展したものです。もとはスペイン料理のエスカベッシュという料理が由来になっていると言われています。


6月13日

【今日の給食】牛乳 麦ごはん もやしのピリ辛和え 野菜のうま煮 
もやしはおよそ1200年前の平安時代から日本で食べられてきた食材です。もともとは薬の一種として広まりました。大豆や緑豆、黒豆などの芽であるもやしは実は栄養価が高い食材でもあります。今日の給食では少しピリッとした辛さのタレで和えているため、梅雨の晴れ間の今日のような暑い日には食べやすい、ぴったりな味付けになっているかなと思います。


6月12日

【今日の給食】牛乳 カリカリ梅ごはん 千草たまご焼き 田舎汁
昨日6月11日は入梅でした。関東では先週、気象庁からの発表により梅雨入りが発表されました。そのような技術がなかった時代は暦の上で梅雨入りを意味する「入梅」という日が定められており、この入梅が農作業を行う上での大事な節目になっていました。
今日の給食では入梅にちなんでカリカリ梅をつかったごはんを作りました。


6月9日

【今日の給食】牛乳 黒砂糖パン ポテトミートグラタン 野菜スープ
歯と口の健康習慣にちなんだ給食最終日では黒糖を使用した黒砂糖パンを出しました。黒糖はサトウキビから作られ、国内だと沖縄や奄美諸島で多く生産されています。一般的な上白糖いわゆる白砂糖と比べるとミネラルが含まれており、料理によってはコクを出す効果があります。


6月8日

【今日の給食】牛乳 ひじき入り五目ごはん ししゃものごま焼き うすくず汁
歯と口の健康週間にちなんだ給食4日目はひじきや野菜、きのこ、油揚げなど具材たっぷりの五目ごはんを作りました。
野菜だけではなく、豆やきのこ、海藻に含まれるビタミンやミネラルが健康を保つために不可欠な働きをしてくれます。
少し甘めの味付けで子どもたちにも食べやすいごはんに仕上げました。


6月7日

【今日の給食】牛乳 五目うどん 切干大根の和え物 果物
歯と口の健康週間にちなんだ給食3日目です。今日の給食では切干大根を使った和え物を作りました。切干大根は大根を細長く切って天日干しした食材です。大根よりもうま味を感じやすく、また噛み応えがある食材です。
果物には旬の小玉すいかを出しました。水分たっぷりの瑞々しさが今日のような暑い日にぴったりの果物です。


6月6日

【今日の給食】牛乳 大豆入り青のりごはん いかの照り焼き 辛し和え みそ汁
今日も引き続き、歯と口の健康週間にちなんだ給食です。よく噛む食材として、給食ではいかを使った料理をしばしば作ります。
弾力性のあるいかは噛み応えがあるため自然と噛む回数が増えていきます。一口30回を意識して噛めると良いですね。


6月5日

【今日の給食】牛乳 ごはん 骨太ふりかけ 親子煮 わかめサラダ

今日から一週間は「歯と口の健康週間」にちなんで給食でも噛むことを意識した食材やカルシウムなど丈夫な歯を育てるために必要な栄養を多く含む食材を使った給食を作ります。


6月2日

今日の給食ではコーンポタージュを作りました。
「ポタージュ」はフランス料理で「スープ全般」を意味しますが、日本では野菜を裏ごしして作るクリーム状のとろみのあるスープを指します。今日の給食では玉ねぎ、じゃがいも、コーンを丁寧に鶏がらスープで煮込んでコーンポタージュを作りました。ミキサーにかけてしまうため形として残りませんが、たくさんの具材を使っています。


6月1日

【今日の給食】牛乳 コーンライス ツナサラダ 洋風かきたまスープ
今日から6月になります。6月の給食目標は「衛生に気をつけて食事をしよう」です。梅雨の時期に入る6月は気温も湿度も上がり、また生き物も活発になる時期です。給食の準備を行う上でも、いつも以上に手洗いや身支度などを意識することでより安全な給食時間を過ごしてほしいと思います。


5月31日

【今日の給食】牛乳 胚芽ごはん 小松菜のふりかけ 魚の香味焼き けんちん汁
小松菜は東京都の地場産物で、今日の小松菜も東京都江戸川区で作られたものです。小松菜は江戸時代に小松川地区で作られていた青菜を将軍が食した際に大層気に入ったことから「小松菜」と名付けたという逸話が残っています。今日の給食を通して東京都の地場産物である小松菜に親しんでほしいです。


5月30日

【今日の給食】牛乳 アーモンドトースト チリコンカン 磯辺ポテト

アーモンドはその豊富な栄養から近年、注目を浴びている食材の1つです。ビタミンやミネラルといった体の調子を整えるために必要な栄養が豊
富に含まれています。
近年では植物性ミルクとしてアーモンドミルクがスーパーの店頭に並んでいる様子がみられるようになりました。
オーブンで焼き上げたアーモンドトーストは食パンのふわふわな食感とアーモンドのパリパリとした食感を楽しむことができます。


5月29日

【今日の給食】牛乳 豚キムチ丼 すまし汁 ぶどうゼリー
今日の給食では豚キムチ丼を作りました。キムチは朝鮮半島で作られている漬物のことです。煮干し粉や唐辛子、にんにくなどを合わせたヤンニョムに野菜などを漬け込みます。今日の給食では白菜(ペチュ)キムチを使いました。冬の訪れを前に行われる伝統的なキムチ作りの様子はユネスコの世界無形文化遺産にも登録されています。


5月26日

【今日の給食】牛乳 ミルクパン 魚のモルネーソース焼き コールスローサラダ ABCマカロニスープ
今日の給食に登場する魚はホキを使っています。身が柔らかく、クセが強くないため子どもたちにも食べやすい魚です。
モルネーソースはフランス料理に使われるソースの一つで、ベシャメルソースにチーズと卵黄を合わせたソースです。
給食ではホワイトソースとチーズを合わせることでモルネソースを作りました。


5月25日

【今日の給食】牛乳 野沢菜チャーハン はるさめスープ フルーツヨーグルト
今日の給食では野沢菜を使ったチャーハンを作りました。日本では古くから野菜を保存するための方法として漬物が全国各地で作られてきました。野沢菜は長野県を代表する漬物の一つです。漬物の塩味を生かすことで味がはっきりとしたチャーハンが出来上がります。 


5月23日

【今日の給食】牛乳 ごはん 鮭のちゃんちゃん焼き どさんこ汁

今月の郷土料理は北海道をテーマにした給食を作りました。
鮭のちゃんちゃん焼きやどさんこ汁は北海道の特産品である鮭や豚肉、農業がさかんな北海道で採れる野菜をふんだんに使った北海道を代表する郷土料理です。
給食室で鮭のちゃんちゃん焼きを焼き上げている際、廊下に焼き上がる良い香りが広がり、給食を楽しみしている子どもたちの様子が見られました。


5月23日

今日の給食に登場するバランスサラダは野菜だけではなく、ひじきや干し椎茸、油揚げ、こんにゃくなど様々な食材を組み合わせたサラダです。
ひじきや干し椎茸、油揚げ、こんにゃくは少し煮物のように砂糖と醤油で味をつけることで野菜と合わせたときに食べやすく仕上げています。
ひじきの黒、にんじんの赤、小松菜の緑、コーンの黄、こんにゃくの白と彩りのバランスもきれいです。


5月22日

今日の給食ではビビンバを作りました。ビビンバは韓国の家庭料理で「ビビン(混ぜる)」「パプ(ごはん)」という意味です。甘辛く煮たお肉やナムルを全体的に混ぜて食べます。今日の給食ではお肉、ナムル、たまごを入れていますが、キムチやのり、ぜんまいなどを入れてもおいしく作ることができます。


5月19日

今日の給食ではココアトーストを作りました。
ココアトーストはココアと砂糖をバターに練り込んで、食パンに塗ってオーブンで焼き上げています。
食パンは焼き加減によって固くなってしまい食べにくくなってしまうことがあります。
さっくりと焼き上げながらも、ふわっとした柔らかさが感じられるように給食では調理員さんが経験をもとに温度や時間を調整して毎回焼いています。


5月18日

【今日の給食】牛乳 カレーライス じゃこ入り海藻サラダ
海藻には緑色、茶色、赤色の3種類に分けることができます。
緑色の海藻には青のり、茶色の海藻には昆布やわかめ、赤色の海藻にはトサカノリが挙げられます。
今日の海藻サラダには赤色のトサカノリも入っているため、色の違いを見て、味わって知ることができると思います。


5月17日

【今日の給食】牛乳 ジャージャーめん 中華スープ 果物

ジャージャーめんは麺の上に肉味噌と野菜をのせた麺料理です。

肉味噌には甜麺醤や豆板醤を使い、甘みがありつつも少し辛味も感じる味付けになっています。

今日のような気温が上がった暑い陽気にも食べやすい一品です。


4月10日

【今日の給食】牛乳 わかめごはん 肉じゃが ツナ酢和え

今日から給食が始まりました。新しい学級で試行錯誤しながら給食準備をしている子どもたちの姿が見られました。
今月の給食目標である「楽しく食べよう」を達成できるような充実とした給食時間になればいいなと思います。


4月11日

【今日の給食】牛乳 ミルクパン マカロニグラタン 野菜スープ

今日から1年生も給食スタートです。
給食が運び込まれるとわーっという声が上がっていました。
給食をこぼさないように一生懸命運ぶ姿は立派な小学生の姿そのものでした。


4月12日

今日は子どもたちにも人気のカレーライスです。本校の給食で作るカレーライスには6種類のスパイスが使われています。少しスパイス独特の辛味がありますが、低学年用の甘口と高学年用の辛口に分けて子どもたちに食べやすいように工夫して作っています。


4月13日

【今日の給食】 牛乳 チャーハン 中華スープ りんごゼリー

中華スープには玉ねぎを使っています。にんにくやニラと同じ香味野菜で、疲れた身体を元気にする役割があります。学校が始まって明日で1週間が経ちます。新しい環境で疲れを感じる子も中にはいるかもしれません。給食を食べて元気に金曜まで頑張ってほしいなと思います。


4月14日

今日のミートソースにはトマトピューレ、ホールトマト缶、トマトケチャップの3種類のトマト加工品を使っています。酸味や甘味を調整できるため年齢や好みに応じて味に変化をつけることができます。


4月17日

今日の給食で登場するキャロットライスにはにんじんがたくさん使われています。
にんじんのオレンジ色はカロテンという成分からなるもので、今日のキャロットライスもカロテンの色味で淡い黄色に染まっています。キャロットライス単体で食べるとバターの味わいを感じますが、クリームソースと合わせるとよりコクを感じることができます。


4月18日

【今日の給食】牛乳 高野豆腐のそぼろ丼 豚汁 果物(清見オレンジ)
今日の給食では高野豆腐をたっぷり使ったそぼろ丼を作りました。高野豆腐は和歌山県にある高野山のお寺が発祥の食品だと言われています。精進料理の食材としても使われていますね。高野豆腐は調味液で煮含めることによって、噛んだ瞬間にじゅわっと煮汁のうま味を感じることができます。


4月19日

【今日の給食】牛乳 豚肉と野菜の炒めそば ビーンズポテト 果物
ビーンズポテトは大豆とじゃがいもで作る料理です。豆を食べることが苦手だと思う人も多いですが、片栗粉をまぶして油で揚げるとサクサクとしたスナックのような食感となり、そのまま食べるよりも食べやすくなります。ガーリックパウダーやパプリカ粉をまぶすとスパイシーな味わいになります。


4月20日

【今日の給食】牛乳 ごはん 魚の西京焼き ごま酢和え けんちん汁
今日の給食では魚編に春と書くさわら(鰆)を使った西京焼きを作りました。
漢字からも分かるように鰆は春告げ魚の一つで、春の訪れを感じることができる食材の1つです。
一年を通して食材が出回っている現代においても、子どもたちには食材や料理から季節を感じることができるように成長してほしいです。
給食でも食の学びにつながるように様々な食材や料理を紹介していきたいと思っています。


4月21日

【今日の給食】牛乳 セルフテリヤキチキンバーガー ミネストローネ
今日の給食では自分で作るテリヤキチキンバーガーを作りました。照り焼きを作るときにはタレに漬け込んでから焼き上げますが、今回は照り焼きダレが絡みやすいようにタレに少しとろみをつけて仕上げています。


4月24日

【今日の給食】牛乳 たけのこごはん 具だくさんたまご焼き みそ汁

今日の給食では旬のたけのこを使ったたけのこごはんを作りました。たけのこは生長が早く、春に芽吹いてから生長が早いため、昔は春の限られた期間しか食べることのできない旬の食材でした。たけのこごはんはそんな旬な味覚を存分に味わうことのできる料理です。
子どもたちにも旬の食材を感じる機会として味わってほしいと思います。


4月25日

【今日の給食】 牛乳 シュガートースト 春野菜のクリームシチュー 野菜サラダ

春に旬を迎える野菜をまとめて「春野菜」と呼びます。今日のクリームシチューには春野菜である春キャベツ、新玉ねぎ、新じゃがいもが使われています。春野菜は水分量が多く、少し加熱しただけでとても柔らかい食感になります。 


4月26日

【今日の給食】牛乳 つくね丼 すまし汁 おかか和え
今日のつくね丼は一人2個ずつごはんの上につくねが乗っています。給食室で約1160個のつくねを調理員さんがひとつひとつ丁寧に丸めて焼き上げました。甘じょっぱいタレと焼き目のついた香ばしさが食欲をそそる一品になっていると思います。


4月27日

【今日の給食】牛乳 肉野菜うどん 青のりポテト 果物
今日の給食では鶏肉と野菜が入った肉野菜うどんを作りました。
給食のうどんは汁に入った状態で各学級に配缶されるため、できたての温かいうどんを食べることができます。
給食室では少し麺を固めに仕上げて、子どもたちが食べ始める頃にうどんが食べ頃になるように考えて作っています。


今日の給食

【今日の給食】牛乳 ごはん 魚のごまみそ焼き おひたし 沢煮わん
今日の給食で使っている魚はサバです。
サバという名前は「小歯(さば)」と呼んでいたことに由来するとも言われています。文字通り小さな歯をたくさん持つ魚です。
サバのように表面が青く反射する魚を「青魚」と呼びます。青魚にはDHAと呼ばれる良質な脂質が多く含まれています。


5月1日

【今日の給食】牛乳 チキンライス サウピカンサラダ 野菜スープ

今日から5月になります。5月の給食目標は「食器を丁寧に扱おう」です。
給食では食器に磁器を使っています。熱が伝わりにくいため温かいものでも安全に配ることができる一方で、衝撃が加わると割れやすいという特徴があります。
食器を丁寧に扱うことは安全を守るため、食事のマナーを学ぶ上でとても大切です。新しい学年での給食の準備や片づけに慣れてきた5月はぜひ、食器の扱い方について意識して給食時間を過ごしてほしいなと思います。


5月2日

【今日の給食】牛乳 かつおのあずま煮丼 野菜の酢じょうゆ和え すまし汁
5月5日の端午の節句は子どもたちの健やかな成長を願う行事であると同時に、五月人形や甲飾りに見られるような立身出世や子孫繁栄を願う武家文化の名残を残す行事でもあります。5月のかつおは「初鰹」といい、脂ののったおいしい時期です。また「かつお」という響きから「勝男」を連想し、勝負運を上げるめでたい食材として食べられています。


5月8日

【今日の給食】牛乳 高野めし 磯あえ 豆豚汁
今日の給食では大豆製品がたくさん使われています。高野めしの高野豆腐、豆豚汁の大豆、油揚げや豆腐、みそ、磯あえの醤油など日本では昔から大豆を利用した食品が多くあります。今日は久しぶりに肌寒い1日となりました。豆豚汁の温かさでほっとしてほしいと感じます。


5月9日

【今日の給食】牛乳 山菜うどん いかのかりんと揚げ 果物
山菜は長い冬から暖かな春の目覚めを感じられる食材として昔から親しまれている食材です。
今日の給食では春に採れるわらびやぜんまいが入った山菜うどんを作りました。
山菜ならではの独特な苦味や香りは少し苦手な子もいるかもしれませんが、旬の味を感じてほしいと思います。


5月10日

【今日の給食】牛乳 鶏肉とごぼうの混ぜごはん ビーンズサラダ 根菜汁

今日の給食ではごぼうを使った混ぜごはんを作りました。
ごぼうは古くから食べられてきた食材ですが、食材よりも薬として扱われてきました。日本にも最初は薬として伝わりましたが、時代を経るごとに食材として親しまれ、混ぜごはんやきんぴらごぼうなどの料理が生まれました。今でも食用でごぼうを食べている国は日本を含めても数少ないそうです。


5月11日

【今日の給食】牛乳 五目ごはん ししゃものごま天ぷら 田舎汁
ししゃもには北海道で獲れる「本ししゃも」とノルウェーなどで獲れる「カラフトシシャモ」の2種類があります。今日の給食で「カラフトシシャモ」を使いました。ししゃもは頭から尻尾まで丸ごと食べることができる魚のため、良質なカルシウムを摂ることができ、成長期の子どもたちの貴重な栄養源です。


5月12日

【今日の給食】牛乳 チリドッグ ポトフ 野菜サラダ
今日の給食ではチリドッグを作りました。チリドッグは少しピリ辛なチリソースとオーブンで焼き上げたウインナーを挟んだパンです。
ウインナーは蒸してからパリッとオーブンで焼き上げることで香ばしさとジューシーさが味わえるように作りました。


5月15日

【今日の給食】牛乳 ひじきごはん 切り干し大根入りたまご焼き 沢煮わん

今日のたまご焼きの中には切り干し大根が入っています。切り干し大根は大根を天日干しすることで作る食材の1つで、日本では保存食の1つとして古くから親しまれてきました。天日干しすることで甘みやうま味が凝縮されて、生で食べるのとはまた違う味わいを感じることができます。


5月16日

【今日の給食】牛乳 ごはん 魚のピリ辛焼き ごま和え みそ汁

今日の給食では魚のピリ辛焼きを作りました。
ピリ辛焼きのタレにはは香味野菜や豆板醤を使っていて、ピリッとした辛さと鼻に抜ける香ばしさがごはんとよく合います。

このページのトップに戻る本文ここまで


以下フッターです。

入新井第一小学校

住所:〒143-0016 大田区大森北四丁目6番7号
電話:03-3762-6428
アクセス
Copyright © Iriarai Daiichi Elementary School. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る