現在のページ

  1. 大森第六中学校
  2. 学校概要
  3. 校長挨拶

本文ここから

校長挨拶

更新日:2022年5月6日

 本校は、昭和22年5月3日、洗足池の畔の景勝地である幕末・維新の功労者、勝海舟の別邸跡地にその産声を上げました。開校当時は生徒数348名、教員数11名でスタートし、赤松小学校、清水窪小学校に間借りをしての出発でした。昭和23年10月30日に新校舎が落成しました。その後、増改築を経て、現在校舎は昭和38年11月1日に完成したものです。
交通は東急池上線「洗足池」駅から徒歩5分、東急大井町線「北千束」駅から7分の位置にあります。その他、学区域には東急池上線「長原」駅、東急大井町線「大岡山」駅があり、交通至便な地です。
 卒業生は、累計18,697名となり、歴史と伝統のある中学校です。学区域は住宅が多く、生徒は明るく、活気に満ちています。
敷地内は自然に溢れ、4月には近くのさくら山と共に校庭も一面桜の花で覆われます。校庭の竹林には沢山のタケノコが生えます。洗足池にホタルを自生させる活動では毎年その風情を地域の方から喜ばれています。洗足池公園清掃や落ち葉によるミミズコンポスト、ゴーヤカーテン、大岡山駅前花壇作り等も行っています。運動会の長距離走では、洗足池を一周します。毎年、洗足池では生徒たちがボランティア活動する「春宵の響き」演奏会やホタル鑑賞会等も開かれます。また、ホタルの自生を目指し、毎年500匹の幼虫を育てて放流しています。一部、自生が始まりました。このように自然に恵まれた環境で教育活動を行っている中学校です。
教育目標は次の3つを掲げています。

  1. 気品ある生徒の育成
  2. 実力ある生徒の育成
  3. 健康の優れた生徒の育成

 卒業生の多くは本校の教育目標の「気品」を人生の規範として重んじています。文武両道の中学校として長い年月をかけ培われた伝統と素晴らしい自然環境を大切にし、豊かな心を育み、気品ある生徒を育成する教育を一層推進してまいります。

校長 菅野 哲郎

このページのトップに戻る本文ここまで


大森第六中学校

住所:〒145-0063 大田区南千束一丁目33番1号
電話:03-3726-7155
アクセス
Copyright © Omori Dairoku Junior High School. All rigths reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る